スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hungarian Rhapsody: Queen Live In Budapest ’86

クイーンが、ブダペストで行ったコンサートの
ドキュメンタリーフィルム。

ハンガリアン・ラプソディ:ライブ・イン・ブダペスト’86

86年当時、共産圏ではタブーとされていた西側の音楽、
ロックミュージックのコンサートを初めて行ったクイーン。
奇しくもフレディの最後のコンサートになったそうです。

フレディのパワー溢れるステージは、ただただ感動です。
ブライアンとロジャーが、いまでもQUEEN絡みのお仕事をしているようです。
ジョンはもう引退してしまった模様で、最近の映像は出てなかったかな。

リアルで観られた世代の方は幸せだと思った。
ビートルズの時もそう思ったけど。
でもこうして映像で観ることができる今は幸せかな。

フレディのステージ衣装が、なぜかボロボロのTシャツだったりして
そういうことは無頓着だったのだろうか?と思ったり。
ロックの一時代を築いたグループとして、もっと知りたいと思いました。

ハンガリーだから、エーヤンだね。
エーヤン、クイーン!


スポンサーサイト

山下達郎シアターライブ

山下達郎 シアター・ライヴ
「PERFORMANCE 1984-2012」

1984年~2012年のライヴ映像を、ほぼ年代順に編集し、
達郎さんご本人がシアター向けにマスタリングされた作品とか。
メジャーな曲、カバー曲など、計15曲を堪能いたしました。

私が昔、ライヴに行ったのは、はっきりとした記憶はないけど、
多分80年代半ばぐらい。
88年にスティッチが生まれてるから、その後はライヴなんか行けてないはず。

四半世紀前の記憶の中の達郎さんと、
今の達郎さんは、そんなに変わってませんでした。
来年、還暦を迎えられるそうですが、
あの声の張り、声量、美しさ…
日本の宝だと思う。
改めて、ああ、達郎さんの声が好きだ…と思いながら聴き入っていました。

残念ながら、『あしおと』は聴けなかったけど、
『希望という名の光』という素晴らしい歌を聴けました。

この歌は2010に発表され、映画の主題歌にもなっていたらしい。
知らなかったなぁ。

昨年の大震災の後、再び脚光を浴びて、当初の意図とは違う方向に歩きはじめたけど、
それならば今この歌のもつ意味をもう一度考えてみようと思った、
と達郎さんはおっしゃってました。

そういういきさつは全く知らず、
ただ、聴きながら涙が溢れて溢れて、
なんて温かく、力強い歌なんだろうと思ったのです。

震災の後、いろいろな形で被災地支援やボランティア、
なにか自分に出来ることを、とみんな思っていた。

ミュージシャンや、音楽にできることってなんだろう?と
音楽に携わる人達は、みんな同じ思いや葛藤を持っていたと言います。

形は違えど、だれか一人でも、笑顔になってくれたら、
癒しの時間を持てたら、励ますことができたら、
多分、日本中、世界中の人々が思っていた。

私のような一個人は、たいした役にも立てないけど、
ミュージシャンや役者さんは、自身の歌やパフォーマンスで
たくさんの人を笑顔に出来ると思う。
でも立場が違えば、違う葛藤があるのだなぁと思ったり。

この、シアターライヴは、全国を回ってるらしいけど、
8月にスタートして、もう終わってしまった地域も多そうです。

山下達郎のファンじゃなくても、観る価値あり!とオススメしたい。

達郎さんの、音に対するこだわりは相当なので、
シアターライヴとは言え、臨場感はまさに『生』と遜色ない。
思い切り拍手したかったなぁ。

お客さんは、やはり同世代~年配の方が多くて、
おとなしく観てらっしゃいました。
私は周りに人がいなかったので、
リズムをとったり、ハナウタ歌ったり♪
今日が最終日でよかったです(笑)
今日はあと2回上映があるのだけど、
アクアビクスがあるので断念せざるを得ず。


私の大好きな石川禅氏の声は、常々、ビロードのよう
と思っているのです。
岡さんの声は磨かれた宝石のよう。
ならば、達郎さんはシルクだな。

ちなみに、TERUさんの声は、どちらかと言えば、好きな方ではない(笑)
でもGLAYのボーカルは、TERUさんの声しかない。
TAKUROさんが他の方に提供する曲達も、
TERUさんが歌ったらもっと良いのに!と思う。
好きな声と、これはまた別なのね~。


最後に、『希望という名の光』の一節を。

こんな古ぼけた言葉でも
魂で繰り返せば
あなたのため
祈りを刻める


希望という名の光
by山下達郎



あーん ぱーんち☆

ではなくて、

戸田恵子Live Show 『ACTRESS』-Route55-

に行って参りました。 

台風17号が接近する中、とある筋のご招待で、
初めてテレピアホールに足を踏み入れました。


戸田恵子さん、55歳の記念にCDをリリースされ、
そのお披露目のショーのようでした。

PaniCrewの植木豪さん、ストリートダンス世界チャンピオンの内海貴司さん(All Area)、
ヘッドスピン142周/分のワールドギネス記録を持つブレイクダンサー大野愛地さん、
そしてバックで演奏するのは、センチメンタルシティロマンス。

なんだか、めちゃくちゃ豪華なメンツなんですけど

一部は、マイムとダンスのショー、
二部はCDの曲を中心としたコンサートでした。

声優さんで、女優さんで、歌も歌う。
マルチな才能をお持ちの戸田さんは、
言葉がとても綺麗。
最近、某国営放送のアナウンサーすら乱れが目立つ言い回し、
戸田さんは気持ちが良い言葉遣いでした。


私が一番気に入ったシーンは、
一部の芝居の中で、下手くそダンサー(植木君)が、
「明日の舞台は、楽しみます!」と言うと、
うんうんと、笑顔で見送った掃除のおばちゃん(戸田さん)が、
「最近、楽しみます!って言う人多いけど、
それは上手い人だけが言っていいこと。
もっともっと練習しなきゃいけない人は、
楽しんで欲しくないのよね。」
と言うのです。
実際は芝居はマイムで、スクリーンに字幕が出るのですが。

それに気付いたダンサーは、
「僕、明日は楽しみません。
一生懸命踊ります!」
と言って去るのです。

思わず拍手ですよ。
戸田さん、いいこと言うなぁ

その場に居たのが、みなさん一流のアーティストだから言える台詞ですよ。
たいした実力のない、アイドルやら芸人崩れがいたら
多分、言えないでしょう。

それくらい素晴らしい、プロのミュージシャンやダンサーのステージだったと思います。


そういえば、テレピアの受付に行ったら
堤幸彦さんによく似た方がいらして、
チラシを見たら、やはり堤さんでした。
この作品の構成・演出・映像を担当していらっしゃいました。
ますます驚き。
戸田さん曰く、『奇跡のコラボ』だそうです。

センチメンタルシティロマンスは、名前は聴いたことがあるけど、
どんな方か全然知りませんでした。
もちろん歌も知らない。

日本最古のロックバンドと言われているとか。
平均年齢60歳ぐらいみたいです。
いや、渋い~(笑)
オジサマ方、とても楽しそうでした。
ライヴがあったら行ってみたい♪

途中、台風情報をもりこんだMCがあったり、
休憩中にはスクリーンに天気図を出したり、
心遣いが嬉しかったです。

あ、開演前のMCは山ちゃんでした。
アンパンマンつながり(・∀・)?

帰りにお土産までいただいて、
申し訳なさMAX
CDを買わせていただきました。
母にあげよう♪





本日のスティッチ

台風の影響で、お店は早じまい。
早じまいは早々に決まっていたらしいのに、
それを言ってくれないお局。
言ったら損なの?

最後のお客さんが帰ったら、いきなり「さあ閉めるよ!」だって。

決まっていたなら、言ってくれればいいのに。
そしたら空いてる時間にやれることがあるのに。
結局、閉店は17時で、退勤は19時。
暴風雨が一番ひどい時間だったよ

12時~19時


『blast!』

日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
1階 6列 12番

最初は指定席で観ていましたが、
下手の奥が見切れてしまうので、
二部は後方のど真ん中で観てました。
席の移動は、暗黙の了解になってました

blast!、想像以上に楽しかったです
千秋楽じゃなかったら絶対リピートしてます。
が、スケジュールを見てみたら、遠征可能な所は全て終わってました

近県もしくは京都・大阪あたりなら遠征してもいいと思っていたのだけど

いや~、プロフェッショナルなパフォーマンスに感服いたしました
絶対無理だけど、マジであの集団に入りたい!
と思いましたよ。

ブラス、パーカッション、ダンス、マイム、パフォーマンス、
そして歌も歌う。
なんてスーパーマン&スーパーウーマンなんでしょう

DVD買っちゃおうかな~
でも生の迫力は味わえないだろうな~
と悩み中。

一部と二部の間の休憩タイムと、終演後に、
ロビーパフォーマンスもあって、
サービス満点でした


名古屋は3~4公演あったようで、
お客さんが分散してしまったのか、
席は半分ぐらいしか埋まってなかったような
勿体ない
優待でも招待でも、チケットさばいて
客席を埋めて欲しかったな。
大人も、小さな子どもも楽しめるのに。

来年、また来てくれるといいなぁ



そして、今日は横浜の友人の誕生日
おめでとう

久しぶり南海ちゃん

9月7日リリースの『兆し』のキャンペーンで
各地を回っている南海ちゃん、
今日は名古屋で、13時からアスナル、
17時からはエアポートウォークにお出ましでした。

お天気が心配だったけど、アスナル(屋外)の時間帯には晴れてたみたい。

エアポートウォークは室内なのでお天気の心配は無く

約30分、4曲歌ってくれました

*SET LIST*
・アイツムギ
・童神
・ずっとずっと
・兆し


CD購入で、握手&サイン会ということで、
南海ちゃんと初握手&初お喋りしてきました。

北の姫の分と、二人分握手してきたので、
11月にお渡し(ぎゅむぎゅむするの)するね~


約1年ぶりの南海ちゃんは、相変わらずちっちゃくて、
可愛くて、キラキラしてました


舞い上がり過ぎて、お手紙&プレゼントを渡すのを忘れてしまったので
スタッフの方にお願いしたら、ちゃんと渡して下さったようで、
ツイッターにメッセージをいただいてしまった
嬉し~い


スタッフの方と少しお話しをした時に
ライヴのことを聞いてみたのだけど
未定とのことでした。

フリーライヴでたくさんの人に聴いてもらう機会も大切だけど、
じっくり聴きたいなぁと思いましたよ。

今年5月のボトムラインは、私がレミゼ祭だったせいで
パスしてしまったので…


ちなみに、エアポートウォークでは、
椅子席が60くらいと、立見で2~30人。
隣がフードコートなので、そちらで聴いてた人もいたかな。

たくさんの人が聴いてくれてよかったね


ライヴ終了後、最後まで見守り(愛
ダッシュで母を迎えに行き、あちこちで渋滞に巻き込まれながら、
ドラッグストアで買い物したいと言う母に付き合い、
更にダッシュで母宅まで送り、プールに行ってきました

ふー