スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11:『草原の椅子』

遠間憲太郎:佐藤浩市
富樫重蔵:西村雅彦
篠原貴志子:吉瀬美智子
喜多川祐未:小池栄子
鍵山:AKIRA
遠間弥生:黒木華
喜多川圭輔:貞光奏風
喜多川秋春:中村靖日
道代:若村麻由美
富樫茂雄:井川比佐志

人生に傷ついた4人が出会い、写真で偶然目にした異国の地へと旅立つ。

バツイチで大学生の娘と暮らす、中年サラリーマンの遠間が、
母親に虐待されて育った少年を預かることになり、
取引先の社長・富樫、バツイチの器屋・貴志子とともに
パキスタンのフンザを目指して旅する物語。

原作者、宮本輝が、阪神・淡路大震災で被災したことをきっかけに、
シルクロード6700キロ、40日にわたる旅に出た体験をもとに、
その後50歳のときに執筆された。

ということで、書かれたのは10年以上前のようです。
映画では、東日本大震災に触れているけど、
取ってつけたような気がするのは、
その時間差なのかしら。

身勝手な母親と無責任な父親に見捨てられた子ども、
リストラ、中間管理職、浮気、不妊。
様々な問題が、一気に遠間に降り注ぐ。
それを不器用に受け止めながら生きていく姿が、
懐かしいような、ほっとするような

富樫の座右の銘、『理屈がとおっても情けのかけらもないものは正義とはいえない』が、
作品の柱になっています。

そして、フンザのお爺さんの言葉、
『正しいやり方を繰り返しなさい』が、
心の旅の終着駅のような気がします。

男の子が、砂丘に向かって走り出し、
富樫も走り出し、流れる砂に足をとられ、
もがきながら前に進む姿、
貴志子も過去をふっ切るように
靴を脱ぎ捨て走って行く。
それを見守る遠間。
とても綺麗なシーンでした。
心が洗われ、はらはらと涙がこぼれました。

佐藤浩市はカッコイイ中年親父だし、
富樫の両親がまた温かい、素敵な老夫婦で、
あのちらし寿司が食べたくなった。

吉瀬美智子がね…
元々好きじゃないからかもしれないけど、
やっぱりあまり上手くない。
着物の着方も美しくない。
着慣れてないのと、補正をしてないのでしょう。
しっとりとした和服美人とは、ちょっと言えないかも
お酒の飲み方もオッサン入ってた

この作品、主題歌はGLAYの『真昼の月の静けさに』。

歌は最後に流れるのだけど、パキスタンの風景と、
イントロが素晴らしくマッチしていて、
さすが書き下ろしと感心しました。
音のボリュームが抑えられていたので、
いつもCDで聴いている音の厚さが、イマイチ伝わらなかったのが勿体ない。


『フライト』、『世界でひとつのプレイブック』がイマイチだったので、
久しぶりに心地好い作品に巡り会えて、幸せ


★★★★☆
 


スポンサーサイト

10:『世界にひとつのプレイブック』

原題『Silver linings play book』

どうして、この邦題なのかが解らない。
原題も解らないのだけど

Silver linings は、「希望の光」
play bookはアメフトに掛けているのか?

第85回アカデミー賞で、作品、監督、脚色、主演・助演男女と主要部門すべてでノミネート。
ジェニファー・ローレンスが主演女優賞を受賞した。

ならば観に行かねば!と期待満々で出掛けたわけですが、
主役の二人が、心を病んでいる…

こんなのばっかり(涙)

二日連続、どんよりしながら観ていました。

良かったのはダンスシーン。
下手っぴだけど、楽しそうだった。

アカデミー賞って、なんだろう。

★★☆☆☆


9:『フライト』

飛行機のトラブルで、あわや大惨事になるところ、
ベテランパイロットのアクロバティックな操縦により
事故を最小限の犠牲者でくいとめた。

パイロットは一躍ヒーローに。
しかし事故機のギャレーからアルコールの空き瓶が見つかり、
彼の体内からもアルコール反応が検出され、
ヒーローから一転、犯罪者の疑いをかけられてしまう。

アル中でヤク中のパイロット

証拠を隠滅させたり、訴訟で勝つために工作したり、
現代社会のダークな部分テンコ盛りな作品に、
観つづけるのが嫌になってしまいました。

最後は神に救われ、刑に服し、
生まれ変わる主人公。

納得いかないわ。

★☆☆☆☆



8:『テッド』

クリスマスの奇跡で魂が宿ったテディベアと、
大人になりきれてない三十路男のドタバタコメディ。
テディベアなのに、R15(笑)

語るものはありません。
以前観た『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』と同じ匂いがする。

まあ、私は嫌いではないです。
フラッシュ・ゴードンとかナイトフィーバーとか、
パロディの部分はツボったし。
ただ字幕(翻訳)はちょっとやり過ぎかも。
わざわざGチャピンだとか、Uまい棒とかにしなくても…

教育委員会的にはNGでしょうね。

彼女役の、ミラ・クニスが良かった。
何かで観たなと思ったら、最近TVで観た『ザ・ウォーカー』と、
『ブラックスワン』に出てました。
もうすぐ公開の『オズ』にも出てるらしいので
楽しみです♪


★★★☆☆(2.5)


7:『さよならドビュッシー』

橋本愛/清塚信也/ミッキー・カーチス/柳憂怜/相築あきこ/山本剛史/清水紘治/熊谷真実/サエキけんぞう/相楽樹/戸田恵子/三ツ矢雄二/吉沢悠


ロケ地が名古屋・愛知県内で、
また制作にC●Cが絡んでいるらしく、
やたらと宣伝が五月蝿い。
キャストを見ると…
どなた???
知ってる俳優さんが、殆ど居ない。
よって、観る気はまったく無かったのだけど、
ピアノの演奏が素晴らしいので、
是非音響の良いシアターで観て下さい!と言われたので(清塚さんに/笑)
ピアノ演奏を聴きに行ってきました。

清塚さんは、『のだめカンタービレ』でも演奏してらしたとか。
俳優さんではないけど、不思議な雰囲気の役どころだったので、
演技の拙さは、案外違和感もなく。
ただ、お顔が…

貴乃花親方激似で(笑)
最初は稲垣吾郎に似てるな…と思いながら観ていたのだけど、
一度、貴乃花親方とリンクしたら、もう…(>_<。)


清塚さんが演じるピアニスト(ピアノの先生)が、
なにやら怪しげな言動があるのだけど、
映画の中では、そこはうやむやに終わってしまう。
原作では、この方、探偵らしい。
それなら納得なんだけど、そんな説明無かったから、
ただの振り(犯人候補の一人?)で終わってしまう、
なんとも不親切な設定でした。

主人公役の橋本愛は、貞子とか、ツナグとか、
こんな役どころばかり
いつも無表情なのは、役なのか、素なのか。
ラストシーンの涙はよかったです。

殆ど知らない人ばかりの中、無駄に(笑)光ってたのが、
戸田恵子&三ツ矢雄二の声優コンビ。
三ツ矢雄二は、もはやグレーじゃなくクロだよね


原作は第8回「このミステリーがすごい!」大賞の、中山七里氏。

映画で観る限り、ミステリーとしては全然凄くない。
筋は読めてしまうし、犯人もすぐ判ってしまう。
最後のどんでん返しは、やられたけど

そして、私がイマイチ納得いかなかったのは、
ロケ地なのです。

多分、地元じゃなければ気にならないと思う。
だけど地元民だから観に行く人も多いよなぁ…

主人公の家(のロケ地)は、犬山。
オアシス21から移動したコンサートホールは、
当然、栄か金山か…と思わせて、
私の知ってるホールではなかった。
なんと、西春だそうです。
そこから帰宅するのに、ガイドウェイバスを使う…?

まったく動線が繋がらない!

いやー、そんなこと気にしなければ、
プチ名古屋観光ですよ。
でも気持ち悪くてしょうがない

大人の事情があるのかどうか判りませんが、
ただ絵を嵌め込むだけで意味が無い映像はちょっと…

ご当地が舞台の作品は、地元の人が観たら、
どれもこんなものなのかしら。

多分、この作品は、本で読んだ方が面白いでしょう。
映像にしてしまうと、ミステリー感が半減してる。
犯人候補達も、怪しさがわざとらしいし。

ピアノ演奏を聴きに行ったと思えば、まあ…


★★★☆☆(2.5)