スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSAKA~

20091126174833
初めて、での遠征です。
高速を降りてからプチ迷子になりつつ、
16時になんとか到着。
早めに出てよかった


昼間は暑いくらいでしたが、日が落ちたら冷えてきた。
コートはに置いてきちゃったよ;

もうすぐ開場♪
楽しみ楽しみ~(〃▽〃)

スポンサーサイト

あららら…

放置もいい加減にしないと、
グリムスの木がしょんぼりしてるじゃないの!
携帯からだとわからないのよね;

日付詐称で書いていきますので、ちょっと待ってね。
DELLの修理を諦めて、中古のPCを買いました。
お気に入りとか、あれこれを旧PCから持ってきまして、
カスタマイズ中。

ありがたや、外付けHD



41:ゲキ×シネ『五右衛門ロック』

毎回カテゴリー分けで悩むところですが、とりあえずMovieで。

実は昨日も観て、今日は2回目。
リピーター割引は無く、2500円×2回の出費はかなり痛い(ノ_・。)
しかし事情が許せば、明日も観たい!

面白い。楽しい。
劇団☆新感線、一度は生で観てみたい。

ストーリーは、天下の大泥棒、石川五右衛門(古田新太)が釜茹での刑から逃げ出し、真砂のお竜(松雪泰子)の企みに乗せられ、南の島へ《月生石》を探しに行くところから始まります。

とにかく、キャストがいい。
松雪泰子は、歌や踊りはさほど上手くはないけど、とにかく綺麗!
TVドラマで見てるとクールビューティって感じだけど、
実はかなり三の線も行ける人だと知りました♪

森山未來、見違えました。
ウォーターボーイズ等、TVドラマで見てた時はぺらんぺらんだったのに、凄くいい身体になって、ダンスや歌も上手かった。
『メタルマクベス』の時より、一回り成長したね。
タップもなかなかでした

江口洋介、最高!
岩倉左門字、終始可愛くて、ニヤニヤしてしまった
ギター侍の歌がよかった。
「拙者、幸せ
「拙者、かなり幸せ
「感謝!」「感謝!」「感謝!」って、
「THANK YOU!」ってコトだよねo(≧∇≦)o

川平慈英は嵌まり役でした。
小技が効いてたけど、舞台だったら見逃してたかも。
゙変なガイジン゙二人のマント(びとん?ぐっち?みたいなw)が可笑しかった♪

濱田マリ、ああいう役やらせたら天下一品。
いつまでも若くて綺麗で可愛いv

橋本じゅん、高田聖子、粟根まことは、新感線の役者さんだと思うけど、かなり好きです。
いい味出してるなぁvvv

そして、北大路欣也さま
あの存在感、声量、目力、オーラ。惚れ惚れしました。
決して多くない台詞なのに、ビンビン伝わってくる。
父と息子が心通じた時は、うるっときました。
主役はもちろん五右衛門だけど、私はクガイ様にくぎづけでした

各所にちりばめられた笑いの粒が次々弾け、これぞプロ!なお仕事を見せて貰いました。

生の舞台を映像化するにあたって、あれこれ手を加えているようで、
それはメリット、デメリットがありますが、
明らかにやり過ぎだろう…という編集もありました。
その点を除けば、リピートしたい、DVDが欲しいと思わせる作品だったと思います。

シアターが、新宿コマ劇場でした。
『愛と青春の宝塚』もコマ劇場で撮影されてました。

もう無くなってしまったので、二度と体感できないけど、
あそこの客席は円形(半円)で、コロシアムみたいでした。
確か2階はなくて、席がすり鉢のような作りで、
天井が高く、フライングも余裕で出来たはず。
舞台と客席が近いし、独特の雰囲気がありました。

それぞれの箱に、それぞれの雰囲気がある。
それを感じるのも、楽しみの一つだと思います



ぞろたん

拝啓

ロロノアさま、

そろそろお姿を拝見したいのですが、
今頃どこを彷徨っt…
もとい、目指して突き進んでいるのでしょうか。
北は上ではありませんよ。

それはさておき、お誕生日おめでとうございます。
ご本人不在のまま、プリンでお祝いしました。

再会のアカツキには盛大にお祝いしましょう。

永遠の19歳、おめでとう。



へとへと

病院、待たせ過ぎー
(ノ`皿´)ノ┫:.:.┻

今日は、9時に行って、終わったのが13時。
ありえないわ…orz
よろよろ帰宅して、そのまま行き倒れてました。

今日で一区切りかと思ったら、定期検診をしたので、その結果と、
血液検査をしに、次は12/2だそうです。
でも、3週間後です
その間、遊びまくってやる!(今までも遊んでたけどw)


レトロな風景@KO南
常夜灯

水門

師匠とデート

デート続きだ…(*^m^*)

今日はダンスの師匠にお会いして、現状報告。
長年の付き合いなので、お互いのプライベートも知り尽くしてます。
だからお互いの現状報告って感じでした。

師匠はお姑さんの介護が大変そうでした。
想像を絶する修羅場のようで…
小さい身体で頑張ってるなぁ

話は尽きなかったけど、お店が閉店時間になってしまい、お開き。
5時間を超えるお喋りタイムでした。

そのお店、分煙とは名ばかりで、喫煙席と喫煙席の間に禁煙席がある(仕切り無し)だったけど、
久しぶりに行ったら11~15時は全席禁煙になってました
わ~いv と喜んだものの、たまに何処からともなくニホヒが…

スイーツが人気のお店なんだけど、そのあたり改善してくれないかなぁ…

フィギュアのNHK杯、終わってしまった
今期復帰の高橋が、一皮も二皮も向けて、いいスケーターになってました。
怪我で滑れなかった時期に、筋トレや、表現力を磨いてきたのでしょう。
無駄な力みがなくなり、滑らかな動きと、それを支える筋肉がついたようですね。
表現力とは、内面から来るもの。
1年のブランクで何かを掴めた高橋、あまり変わらない織田…
その間に、格段に伸びたわりに、いまひとつな感がある小塚。
日本人のオリンピック枠は3だから、このままいけばこの3人だけど、
ジュベール、ウィアー(-ニョジ/笑)、アボット、ライサチェク、そしてプルシェンコ…
世界の壁は高すぎる
男子は本当に見応えがあってワクワクします

女子は見ててもワクワクしない。
残念ながら。

アイスダンスやペアもTVでやってほしいなぁ

井上れなちゃん夫妻のエキシビが可愛かった
今期で引退とか。残念。



早朝デート

デートなのかどうかは別として(ご本人は激しく否定すると思われ/笑)

朝8時にKO南集合という侍女のアッシーをする用事がありまして、
朝早くてもいいかい?とお尋ねしたら快諾いただいただきましたので、
開店間もないカフェにてモーニング

トーストに小倉あんがついてるのね~
それより、ソフトクリームの方がビックリだったけどw

久しぶりにお会いして、元気な顔を見てもらえて、
安心して頂けたのではないかと…
ご心配をおかけしましたm(_ _)m


20091110094204

撮影協力:あ◎たん



背番号『3』

永久欠番にはならないのではないかなぁ、と思っていたけど、
やはりなりませんでした。
森野が継ぐとか。
頑張れ~

それより気になるのは、来シーズンのコーチ陣の中に立浪さんの名前がないこと。
やはり暫くお休みなのかな。
非常に気になります。
圭ちゃんが井上の『9』を貰うとかv
凄いなぁ(〃▽〃)


フィギュア、NHK杯が始まりました。
男子が豪華です。ワクワクします((o(^-^)o))
ショートはジュベールもウィアーも良い
そしてアボットがよかった
明日のフリーが楽しみvvv



大晦日

カウントダウン@幕張、取れました

わ~いvvv

ホテルとらなきゃ


しかし妹はくじ運が強い。
私は全滅でした

大阪もを譲っていただけることになり、
感謝、感謝です(*^-^*)
ありがとう


WATOTO

ウガンダの子ども達のクワイヤーを聴きに、豊橋までドライブ。

構成は、9歳~13歳位の子が20人位。
プラス年長の子(多分15~18位)が男女各2人。

途中、映像を交えたり、太鼓を叩いたり、自己紹介したり、
飽きさせない工夫もあって、ショーとしては上手く組み立ててる感じがした。

感心したのは、誰かが喋る、通訳する、って時、
子ども達はちゃんと喋ってる人を注視する。
テニスのラリーを見てる観客のように。
今、私は人の話を聴く時、そうしているだろうか?

それから、将来の夢。
今までの途上国の子どものように、
医者だ政治家だ警官だって答えじゃなく、
スチュワーデスだったり、ファッションデザイナーだったり、
サッカー選手(これ女の子!)だったり、多種多様。
もちろん、医者や教師、会計士って言う子もいました。
目が広く世界に向いてるなと思った。
とてもいい教育を受けていると感じました。

WATOTOは、孤児を、孤児院ではなく、
世話係(お母さん)一人に子ども7~8人の『家族』を作って生活している村。
村の中に学校や病院もあるらしい。
新しい形だね。
大変勉強になりました。

3曲ほど一緒に歌って踊って、楽しかったです



今日の検査で、白血球は基準値内、腎機能もまずまずの数字になりました。
来週、もう一回検査に行ったら、あとは数カ月ごとの経過観察になるとか。
半年後のCTの予約を入れてきました。



40:『MILK』

この映画は、この夏に公開だったかな。
タイミングが合わず見逃してしまったのだけど、リバイバル上映していました
しかも特別上映とかで、1000え~ん
ま、普段もサービスデイや割引券を駆使して殆どの作品を1000円で観るのだけどね

この作品は、アメリカで初の、自身をゲイだとカムアウトして公職に就いた、
ハーヴィ・ミルクを描いたドキュメンタリーです。
ゲイであるが故に不当な扱いを受けていたミルクが、
全てのマイノリティの人権を守るために立ち上がるが、
議員就任後、1年も経たずに射殺されてしまう。

周りの人の理解を得るために、まずカムアウトしろ。
本当の家族、友人なら、きっと理解してくれる、受け入れてくれる。
傷ついた人を、そう言って癒し、励まし、自身も実践したのです。

あんな風に強く真っ直ぐ生きられるって凄いな。

かなりインパクトの強い作品で、正直なところ、疲れました。
まだまだ勉強不足だなぁと思うけど、リピートする気力は…


キャストの中には、本人出演の方もいました。
ミルクと共に歩んだ人が、今もミルクの遺志をついで活動しています。
ものすごくリアルな話でした。

ミルクが亡くなった夜、何万人もの人がキャンドルを手に街を行進したシーンが印象的でした。


帰りにこぐまと遊んできました




39:『沈まぬ太陽』

休憩を挟んで3時間半。
がっつり見応えがありました。
飽きなかったし、お尻や腰が痛くなる間もなく終わった感じ。

謙さんもカッコイイけど、へーちゃんが素敵
そして私は友和さんの愛人になりた~いvvv

戯言はこれぐらいにして…

労働組合の委員長として闘った恩地元(謙さん)の受けた理不尽な扱いと、
御巣鷹山の事故、行天(友和さん)の裏切り、私利私欲に走る幹部や政治家…
大手企業の醜い内実を描きながら、
その会社を立て直そうと尽力した国見会長(へーちゃん)との信頼関係。
恩地の家族、元労組の仲間、事故犠牲者の遺族の思いなど、
巨大企業の一社員をとりまく人達の、様々な人生が織り込まれた
大きな絵画か織物のような作品でした。

信念を曲げず真っ直ぐに生きる恩地と、大きな流れに押され出世しながら大切なものを失っていく行天。
どちらの人生が『勝ち』なのか『負け』なのか。
どちらの生き方が幸せなのか?
どっちにしても、あんな会社、嫌だなぁ

最後の夕日のシーンが印象的でした。
そして恩地が自分自身の困難を『取るに足らないこと』と言ったこと。
彼の闘いはまだ続くのでしょう。
ハッピーエンドではないし、結論のないエンディングだけど、
見終わった時、爽快感がありました。

ツッコミ所もいくつかあったけど、名優陣の迫力とストーリーの面白さに大満足でした。

噂の(何の?笑)ドン・ムアン空港は、気温40度には見えなかったな。
これも名優の名演技ゆえかしら

あ、一つだけツッコませて!

あの牛丼屋、待たせすぎだよね!



途中の休憩の時にお手洗いに行ったら、お手洗いに一番近いスクリーンからマイケルの歌が漏れ聞こえてきて、引き寄せられそうになりました



"King of Pop"

『THIS IS IT』2回目。

私はまさにマイケル世代で、MTVでTHRILLERやBEAT ITを夜な夜な観ていました。
整形を繰り返し、色も白くなっていくにつれ、だんだん離れていったけど。
私生活の面で取り沙汰されたり、新曲が出たりする度にTVで見る程度で、
CDやDVDを持っているわけじゃない。
その程度のファンでした。

マイケルが亡くなってから知ったのは、彼はシンガーであり、
ダンサーであり、アクターであり、
素晴らしいエンターテナーなわけですが、
彼のヒット曲のほとんどを彼自身が創っていたのですね。
改めて、彼の偉大さに気付かされました。


『THIS IS IT』は、映画に仕立てられてはいますが、
それ用に撮影されたものではなく
またメイキング映像のような、見せることを目的として撮られた物ではないから、
ステージを創り上げていく過程が物凄くリアルに伝わってきます。
本当に彼の記録用だったみたいです。

ダンサーやコーラス、ディレクターやスタッフとのやり取りの全てが
ファンのために、より良いパフォーマンスを見せたいという意思が感じられます。
そしてお互いをリスペクトしている、マイケルの言う通り、ファミリーなのです。

マイケルは、お礼を言う時、゛Thank you゛ではなく、゛God bless you゛と言います。
音や演出を追求するのは、より良くする為、愛なんだよ、と言います。

ファンが聴きたいのは、最初の録音の音なのだと言います。
私も、ライヴならではのアレンジも好きだけど、
最初に聴いた音が記憶に刻まれているから、
その通りのメロディが聴けるなら本当に幸せだと思う。
だからマイケルがそう言った時、涙が出るくらい嬉しかった。

幻となった最後のカーテンコール、実現されたらどんなに素敵だったろうと思います。

ジャクソン5のシリーズ、彼自身がすごく楽しそうだった。
"I’ll be there"では大泣きしちゃいました。

環境破壊を訴えた歌"Earth song"は力強いメッセージを感じます。
『誰か』じゃなく、『僕ら』から始めようと言っています。

マイケルに興味のない人も、ただ話題だからという理由でもいい、
この作品を観て、彼のメッセージを受け取って欲しいです。
期間限定、2週間です。
あと何回観に行けるかな。

今日は侍女と行きましたが、彼女も暫し絶句でした。
普段あまり感動を表さない子だけど、かなりキたようです。