スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア エキシビ

リアルタイムで、しかもでっかい画面で観る為に、
早起きして妹宅まで行ってきました。
そしたら前日のチリ地震の影響で大津波が来るとかで
津波情報ばかり…orz
まあ、被害があっては困るので仕方ないのですが。

心配していたあちこち(国内)の知り合いには
被害がなかったようで、何よりです。
チリに知り合いはいないけど、一日も早い復興をお祈りします。

さて、エキシビですが…
今回は試合自体がめちゃくちゃ素晴らしかったので、
エキシビはそんなに面白くなk…
滑りも本気出してないので、ジャンプも跳ばなかったり。
なので、そんなに語ることもないのだけど、ひとつだけ…

やっぱり安藤がやらかしましたな…(怒)
やっぱりと言うのは、直前に日焼けしてきたという情報が流れていたので。
幸い試合の時は問題なかったけど、エキシビの衣装を見たとき、あ゛
あの衣装自体もどうかと思う。センスも悪いしデザインも良くない。
そして、背中を出したいなら、日焼けするな!
去年の夏のアイスショーでも同じミスを犯しました。
2度目です。誰か注意してあげて欲しい、ほんとに。
最近不愉快を通り越して、可哀相でならない。
地元に住んでいれば、悪い噂も入ってくるけど、そんなことはどうでもよくて。
(まあ、そういうのもすべて作品に出てしまうけど)
せめて演技のことだけはちゃんとしてほしい。
そういう助言が出来る人が傍に居てあげて欲しい。


エキシビを観たあと、女子のフリー、男子SPなどをリピートして、
宝塚のDVDを観て(霧矢大夢さん素敵v)、こぐまと遊んできました。

そういえば、こぐま!
びっくりですよ!
理由は判らないけど、妹が引き取った時には、
尻尾の付根から先が神経が通ってなくて、動かなかったんだけどね。
最近、少しずつ動くようになってきたんだそうです!
ホントに少~しなんだけど、ゆらゆら動いてました。

犬の感情表現に尻尾は大切なアイテムなのに、
今まで嬉しくても怒っていても動かなかった尻尾が、ゆらゆら~と。
声帯切られて声が出なかった子が、掠れてるけど声を出したり、
コミュニケーションが取れなかったのが、
最近は『遊ぼう!』と誘ってくるようになったり。

いや~、感動です!
うちに来てよかったと思ってくれてたらいいなぁv
益々可愛さ炸裂で困るなー(伯母バカ)




スポンサーサイト

10:『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』

ゼウスの『稲妻』を盗んだ濡れ衣を着せられた主人公が
自分の生い立ちの秘密を知り、冥界へ連れ去られた母を救出し
『稲妻』をゼウスの所へ届けるまでの話。

予告でショーン・ビーンが出ることを知り、心待ちにしていました。
うふふv素敵vvv
こういう役が似合うなぁv
主人公(ローガン・ラーマン)も、その友達もみんな可愛くて
あ、ピアース・ブロスナンもかっこよかった~v
何人か、どこかで見たことのある顔だなぁと思ったら、
友人グローバーは、『トロピックサンダー』に、
パーシーのお母さんは『かいじゅうたちのいるところ』に
冥界の女王ペルセポネは『RENT』のミミでした♪

ストーリーは壮大なのに、2時間で収まるのかしら?と
心配になりましたが、大分端折った感じでした。
スケールの大きさのわりに、撮影セットやロケ地なんかも
ちっさ…;ってのが正直な感想。
これダイジェスト版?(なわけない)
もっとじっくり観たいなぁと思います。

出演者が素敵だったけど、総合的には、うーん…;


★★★☆☆(2.5)


フィギュア 女子フリー

いよいよ女子フリー。
今日も朝からTVに釘付けでした。

んん?レ・ミゼ!?
韓国の選手がレ・ミゼメドレーで滑っていました。
まだ若いみたいだけど、綺麗な滑りでした!

コストナーはジャンプに失敗し、辛そうだったけど、
よく最後まで頑張りました。
これはこれで泣けるなぁ;

鈴木は最高のウエストサイドだった。
小さなミスはあったけど、初めてのオリンピックで、あの笑顔。
のびのびと気持ちよく、自分の精一杯を出せたと思います。
そうそう、ネットで見たのだけど、あのジョージ・チャキリスから
メッセージを貰ったそうですよ!
凄いなぁ。いい作品は、人の心を紡いでいくね。

安藤、新しい衣装は悪くないけど、最初のが良かったも。
ミスなく滑れたのはいいが、テンションが低い。
メダルも狙える位置なのに、食らいついていこうというキモチ、
パッションが感じられないのは何故?

終演後は、メダル争いから解放されて、すっきりした顔してました。
彼女が言うとおり、今の実力そのものを出せたんじゃないかな?
でも今のままでは…モロゾフコーチではダメだと思う。
ここでフヌケてしまわないようにと願います。
いつか笑顔で滑れる日がくるといいね。


真央とヨナ、今日の出来不出来(真央はアンラッキー)もあるけど、
違いは気持ちかな。技術的には差がないと思う。
メンタルの強さが勝負の分かれ目だった気がする。
キム・ヨナ、最強でした。

ロシェットはSPの時よりは落ち着いた感じでした。
本当に頑張ったね。
メダル取れてよかった。

そして長洲の急成長には、ただただビックリです。
あのしなやかさ、ポジションの美しさ、まんまるの笑顔、
ジャンプだけじゃなく、バランスの取れた、魅力的なスケーターに育ったねぇv
この先、とっても楽しみですv

今日の勝敗はついたけどこれで終わりじゃない。
真央は、たくさん泣いて、悔しい思いを糧に、
明日からまた前に進めばいいさ。
ここは通過点だよ。
二人が同じ時代に存在することに感謝して、
もっと先を目指してほしい。
まだまだ観ていたい二人です。

4~8位は誰がどう入れ代わってもおかしくない。
ほんのちょっとのミスとか、ジャッジの好みじゃないかな。
でも、今日は変なジャッジ、納得できないジャッジは無かった。
よかった(*^-^*)v

しかし、メダリストだけに限らず、みんな、誰かとではなく、
自分との戦いだったね。
みんな自分に勝った。素晴らしかった

解説の八木沼じゅんじゅんも言ってたけど、
これだけのレベルが集まる大会って、今まで無かったよね?
男女ともに。

日本の選手は、男女とも3枠取って、3人とも入賞ってのが凄い。
みんな立派だったよ。
胸を張って帰っておいで。

ね!



■ 女子シングル結果
1位 キム・ヨナ 韓国 228.56
2位 浅田真央 日本 205.50
3位 ジョアニー・ロシェット カナダ 202.64
4位 長洲未来 アメリカ 190.15
5位 安藤美姫 日本 188.86
6位 ラウラ・レピスト フィンランド 187.97
7位 レイチェル・フラット アメリカ 182.49
8位 鈴木明子 日本 181.44

13位 カク・ミンジョン 韓国
14位 エレーネ・ゲデバニシビリ グルジア
16位 カロリナ・コストナー イタリア




(〃▽〃)メ~ロリンvvv

『VS嵐』という番組に、宝塚のOGさんが出てました。
真琴さん、白羽さん、彩輝さん、貴城さん、純名さん、そして湖月さん。
おお、全員判った!(拍手~

湖月さんは相変わらず素敵で、アップでウインク&投げキッスには、やられました(鼻血)

そこらの野郎なんか足元にも及ばないオトコらしさ(〃▽〃)

ああ、わたるさん、素敵



* 私信 *
ーニョジ、可愛いよねvvv
女子シングルSPの時、客席に来てました。
ランビエールもいたけどvvv

ーニョジって、だんだん(益々?)可愛くなっていくね。
KISS&CRYで、貰った花の王冠を頭に乗せた時の愛らしさったら

エキシビ出ないよねぇ



今日はがいっぱい(笑)


フィギュア 女子シングル

今回のオリンピックは、男子がかなりのハイレベルだと思っていたけど、
いやいや、女子も素晴らしく粒ぞろいでした。

第4グループあたりから、見慣れた選手が登場し、目が離せなくなってきました。
長洲は身長が伸び、しなやかさと綺麗な手足で上位につけました。
鼻血出して、大丈夫だったかしら
根性のある子だv

浅田は会心の出来だった!
オリンピック史上初、SPでの3Aを成功させ、演技はノーミス。
途中から笑顔が見え、滑り終わった時には、やり切った感に溢れた、いい表情でした。
欲を言えば、少し慎重すぎたかな?とも思うけど、今シーズンの苦労を思えば、充分やったよ!と褒めてあげたい。
持てる力を全て出し切った、本人も満足のいく演技だったと思います。

そのすぐ後の、キム・ヨナ。
浅田が作った空気を物ともせず、一瞬にして自分の世界を創り出したのは素晴らしかった。
ヨナもノーミス。全ての技が完璧でした。
そして演技力。
可愛くセクシィなボンドガールそのもの
曲のイメージ通り、いや、曲そのものになりきって、演じ切りました。
現時点では文句なしの1位でしょう。

それに続く鈴木は最初のジャンプで手をついてしまった以外は、伸び伸びと滑っていた気がします。
あの空気の中、物おじせず自分の出来る最高の演技を見せ、自己最高点を取ったのだから、本当に素晴らしい。
世界の壁は厚いけど、フリーで頑張って、8位までに入れたらいいな。

ロシェットは迫力の演技で、凄く気持ちが伝わってきました。
なんだろう?胸に迫る、いろんな思いを感じて、観ていて泣きそうだった。
滑り終わった彼女は泣いていました。
数日前にお母さんが亡くなったそうです。
そうか、よく頑張ったね。
彼女はいつも、衣装や髪飾りのどこかの色と同じ色の口紅を塗っていて、そんなこだわりが私はとても好きです。
今日は衣装の背中にある薔薇の花と同じ色の赤でした。

最終滑走は安藤。
嫌な位置ではあるけど、最近はいい表情をしていたし、練習してきたことを出せればメダルも狙えるかもしれないと思いましたが。
ジャンプの回転不足によるダウングレードより、覇気の無さにがっかりしました。
本人も自分の滑りに納得してないようで、笑顔は無かった。

確かにモロゾフコーチは沢山の選手をオリンピックに送り出し、ある程度の指導力は認めざるを得ないけど、安藤はどれだけコーチに見て貰ってるんだろう?
もっと丁寧に、きちんと向き合って指導してくれる先生に巡り逢えたら、もう少し伸びるだろうに。
モロゾフ門下のどの選手も、私の目には痛々しく見える。
もっと楽しく笑顔で、前向きな気持ちで滑れるようにしてあげたいなぁ


■ 女子シングルSP結果
1位 キム・ヨナ 韓国
2位 浅田真央 日本
3位 ジョアニー・ロシェット カナダ
4位 安藤美姫 日本
5位 レイチェル・フラット アメリカ
6位 長洲未来 アメリカ
7位 カロリナ・コストナー イタリア
8位 アリョーナ・レオノワ ロシア
9位 エレーネ・ゲデバニシビリ グルジア
10位 ラウラ・レピスト フィンランド
11位 鈴木明子 日本


2/26フリー滑走順(抽選)
浅田真央:22番
 最終第4グループの4番目
金妍児:21番
安藤美姫:20番
鈴木明子:14番。第3グループ




フィギュア アイスダンス

フリーの結果

1.バーチュー・モイヤー(カナダ)
2.デービス・ホワイト(アメリカ)
3.ドムニナ・シャバリン(ロシア)

16.リード姉弟(日本)
22.リード・ジャパリゼ(グルジア)

カナダのペアは美しい!
立ってるだけで、まるで絵画のような二人にうっとりv
演技も滑らかで、表情も豊か。
これぞアイスダンス!もっと観ていたいなぁv

上位3組は納得の結果ではないでしょうか。
久しぶりにがっつり鑑賞しました。

リード姉弟、オリジナルダンスの衣装は頭を抱えて観て、いや、観てられなかったから目を逸らしていましたが、フリーの衣装は綺麗でした。
ただ 姉が悪魔(淡いグレー)弟が天使(黒)というのが、よく解らない。
弟のは白(大きく見えない)から黒に変わったとのことでしたが。

既成概念に囚われず、イメージとは真逆な衣装もアリだとは思うけど、それは表現力のある人だから着れるのであって、彼らには無謀だったような…

天使も悪魔も居ませんでした。

リード姉弟の妹がグルジア代表で出ていました。
美人さんね~
名前(アリソン・リード)にびっくりしました。
スペルは一緒かどうか判らないけど、アメリカの女優さんと同姓同名なんだもの

子どもが3人オリンピックに出てるなんて、ご両親は鼻高々でしょうなぁ♪
しかし、国籍って、そんなに簡単に取れたり変えたりできるものなのかしら…


アイスダンスが期待したほど面白くないのは何故か、考えてみた。

アイスダンスはペアと違って、やれることに制限がある。
その意味をどう解釈するか、かなぁ?
TVの解説が、「アイスダンスでは◎◎をやったら減点対象になります」と言っていた。
そうじゃなくて、危険な技(リフトやジャンプ)をやらずに、表現力の豊かさで魅せるのがアイスダンス。
減点対象云々の話じゃないと思うのだけど。

その解釈の歪みなのか、時代の流れなのか判らないけど、限られた技の範囲の中で、いかに高得点をとるかと考える(のは当たり前だけど)あまり、難易度は高いけど美しくない形が多い気がする。
表現力は磨かず、技に走る風潮は如何なものかと思います。

反面、ペアを観た時に思ったのは、以前は難易度の高い技をこれでもか!とアピールすることが多かったけど、今回は豊かな表現に魅了された演技が多々あったということ。

ペアとアイスダンスを分ける意味があるのか…と思った次第でアリマス。

そして、いつか男同士のペアとか(俺フィギみたいに/笑)シンクロナイズド・スケーティングも競技になるといいな~と、かなり真剣に思ってたりします



フィギュア アイスダンス

オリジナルダンス。
地上波では上位+リード姉弟しか放送されませんでしたが、BSではもう少しやったみたい。
明日のフリーはしっかり見るぞー。

コンパルソリー、オリジナルダンスを終えて、
1:カナダ(スペイン風)
2:アメリカ(インド風)
3:ロシア(アボリジニ風)

15:リード姉弟(和風)

どれもピンとこなかった


リード姉弟、衣装が良くない。
おねぃちゃんはヤラチイ
二の腕も腿もベロ~ン…
AVかと思ったよ
弟のは上(着物)と下が合ってない。
旅館の番頭さんみたい

ガイジンさんからみると、あんな風に見えるのかな

Σ( ̄□ ̄|||モロゾフ…
なのか…orz


ロシアの、あれが問題になったアボリジニの衣装なのね。
どこか手を加えたのか、そのままなのか判らないけど、我々にはわからない『問題』なのだろうな。
伝統とかスピリチュアルな物は、表面だけ見ても理解し得ない部分があるからなぁ
失礼のないよう心掛けなければ。


女子シングルの滑走順が決まりました。

22浅田
23ヨナ
24鈴木

30安藤

一波乱ありそうな滑走順

浅田~ヨナ~鈴木はジャッジが揺れそう。
安藤、最終滑走だけどガンバレ


気ィ抜けた~;

昨日のフィギュアで燃え尽き、今日は腑抜けです(ちーん)
改めて思い返してみると、織田は最悪の事態(怪我等)に至らなくて
よかったなぁと。
高橋も怪我を乗り越えてここまで昇り詰めたわけですが、
下手したら怪我で人生が大きく変わってしまうこともある。
ってことで、ほっとした次第です。

4回転については、様々な意見があります。
プルシェンコの言い分も解る。
でも、4回転跳ばなかったらアイスダンスじゃねーか的発言は
如何なものか…
みんな違って、みんな良いのです。
4回転跳んで、なおかつ美しい演技を見せてくれたら、
間違いなく金メダルでしょう。
いつか4アクセルとか、5回転とかやる選手も出てくるかもしれない。
事実、ジュベ君は挑戦してると言ってるし。
それもいい。
でも、いつか限界が来るでしょ?
10回転なんか跳べないし。
これからも、力強く、美しく、感動を与える滑りを見せて欲しいです。

今回のオリンピックはメダリストが目白押しで、
これだけの選手が揃うことは滅多にないってくらい豪華でした。
不本意な結果に終わった人も、それぞれ本当に素晴らしかった。
それを見られたことは本当に本当に幸せでした。

今日はアイスダンスのコンパルソリーなんだけど、
BSしかやってなくて、地上波ではニュースでちらり。
オリジナルもどうやら見られない感じ。
フリーは見られるんでしょうか;;

それはそれとして、カーリングとラージヒルが面白かった。
しかしカーリングの女の子たち、美人さんばっかね~v


グリムスもオリンピックバージョン♪
オリンピックVer.

フィギュア男子フリー

ベルネル:まさかの第一滑走。
最初の4回転は綺麗に決まったものの、途中のジャンプはいくつか失敗し、ステップの途中で転倒
その後は気持ちが立て直せず、なんとか滑りきったけど辛そうでした。

エイドリアン・シュルタイス(スウェーデン):
振付が面白い!
ジャンプは4回転も含め、全て成功。
ゆるーい感じでキレは無いのだけど、面白い。
そして、吠える
こんな選手、見たことない(笑)

アボット:ジャンプ失敗が響いたようで、前半は精彩に欠ける演技だったけど、後半は乗ってきていい滑りだったと思う。
ゆかちゃんも一緒に凹んでて可愛かった(失礼)

ジュベール:滑り始めた瞬間から空気が変わるのが分かりました。
雰囲気を持っている人だからv
しかし4回転は失敗。その後も本来の彼の滑りではなかったかな。
最初の笑顔は消えてしまった。残念です。

小塚:4回転成功、問題の3アクセルは失敗
その他は本当に丁寧に滑って、小塚ワールドを創り出していました。
派手さは無いけど、誠実な、小気味よい演技は、ギターの音色に乗って感動の瞬間へと。
やったね、小塚君
振付のゆかちゃんが、この曲を選んだことに感謝です。

チャン:地元開催ということで、かなりプレッシャーもあったでしょう。
丁寧で綺麗な滑りだったけど、ジャンプの失敗と、オペラ座がテーマなのに演じているのはラウル?
そりゃラウルでもいいのだけど、全体的には面白みのない仕上がりに。
Σなのにあの点数はなに!?
地元は有利ってことね。
それにしても納得出来ないジャッジだ

ブレジナ:ジャンプにミスがあったけど、パリのアメリカ人は衣装も可愛くて彼らしい演技でした。

ライサチェク:パーフェクト
4回転は跳ばずとも全てのジャンプに成功し、最後まで力強い演技でした。
強い!美しい!カッコいい

織田:まさかオリンピックの舞台であんなアクシデントがあるとは…
4回転は回避して、その他のジャンプは1つの失敗を除き、ほぼ完璧だったのに。
ジャンプの着氷を失敗し、その時スケート靴の紐が切れたようです。
いきなり切れたのかと思ったら、既に千切れていたものを結んで試合に臨んだと…
試合前に紐を変えるのは感覚が違ってしまうから避けたらしいけど、これはやはり自己責任としか言いようがない。
中断による減点は2。
演技を再開して、よく最後まで頑張ったと思う。
表現力を磨いて、4年後に再チャレンジして欲しいな。

ランビエール:美しい
4回転を2回は完璧ではないけど成功。
着氷が乱れた場面もあったけど、バレエの舞台を見ているようでした

高橋:果敢に4回転に挑んだものの転倒。
でも最高の『道』でした。
衣装もイメージによく合っていてよかった。

ウィアー:ーニョジ、完璧!
美しい!軽やかで優雅。
そのわりに点数が低いなぁ。
なんで?

プルシェンコ:王者の貫禄、だけどなんか変。
ジャンプも着氷が乱れたり軸がブレたり。
演技もやはりもうひとつ何かが足りない。


下位の選手が比較的4回転を成功させてはいるけど、その他の技の正確さ、丁寧さに欠け、演技も小手指でごまかしている感は否めない。
反面、4回転を跳ばずに表現力で魅せてくれるスケーターも増えてきた。
ジャッジも一人一人の感性だから、必ずしも正しい評価が出るとは限らないけど、
SPで僅差だった3人が、4回転を跳ばず優勝したライサチェク、4回転は跳んだけど表現力での評価が落ちたプルシェンコ、4回転に挑戦して失敗したけど表現力で加点が貰えた高橋と、それぞれの長所短所がはっきり見えた。

日本が3枠取り、1人が銅メダル、後の2人も8位までに入賞するって、物凄い快挙ですね。
この3人で次のオリンピックに出られるといいな。

不本意な結果に終わった人もいるけど、本当に見応えのある試合でした。

以下、男子シングルの結果です。

1:ライサチェク(アメリカ)
2:プルシェンコ(ロシア)
3:高橋
4:ランビエール(スイス)
5:チャン(カナダ)
6:ウィアー(アメリカ)
7:織田
8:小塚

9:アボット(アメリカ)
10:ブレジナ(チェコ)
15:シュルタイス(スウェーデン )
16:ジュベール(フランス)
19:ベルネル(チェコ)



GLAY祭

ま、年中祭りなんですけど(笑)

侍女のバイトが休みだったので、夕方からに行ってきました。
すごーく久しぶりな感じでした。半年ぶり位かな。
3時間、GLAY祭で
とんでもないPVを見つけて、侍女と大騒ぎしてました

問題のPVは、物凄く今更なのかもしれないんだけど、
『ずっと二人で…』の中で、TERUさんが…

一瞬目を疑い、再確認と、もう一回観ました(笑)


レミオロメン、私も当選
11月だから、まだまだ先だけど、楽しみ~(〃▽〃)
GLAYと重なりませんように(-人-)



フィギュア 男子シングル

SPが終わって

1:プルシェンコ
2:ライサチェク
3:高橋
4:織田
5:ランビエール
6:ウィアー
7:チャン
8:小塚
9:ブレジナ
15:アボット
18:ジュベール
19:ベルネル


予想通りの混戦というべきか、予想外のアクシデントでメダル候補が思わぬ下位に…
オリンピックの舞台には何が潜んでいるのだろう。

3年ぶり復帰のプルシェンコ、王者の風格で威風堂々と滑っていました。
4回転を含め、ジャンプは完璧。
ただ全体的に粗い。
技の羅列って感じ(織田もそうだけど)
構成・振付は、はっきり言って『古い』と感じた。
しかしオーラは凄い。
あの勢いでメダルを奪い取るかも?

ライサチェクの真っ黒な火の鳥、GPシリーズで見た時よりも更に進化し、完璧に自分の物にしている。
あの長身、長すぎる手足を見事に使いこなし、ど迫力の演技でした。
カッコ良すぎる!

高橋も完璧な演技でした。
彼はどんどんいい顔になってきてる。
数年前、セクシー大輔とか言われていた時の滑りがどれだけ拙かったか。
今の彼なら、セクシー大輔でいいよ

織田、ジャンプは綺麗。
滑りも綺麗に纏まってる。
でものっぺり。感動は無い。彼も技を並べてるだけ。
あれでランビエールの上ってのが許せないけど、やはりジャンプの差。
織田は(安藤も)コーチを変えるべき。
モロゾフの下では、人に感動を与える演技は学べないよ。

ランビエール
スピンは定評があるとは言え、昨日の最後のスピンには感動した!
スピンに感動って何?と思うけど、スピンにすら芸術性を感じる。
男前も更に上がってるし
表現力はランビエールが最高じゃないかしら

小塚はあの位置ぐらいかなぁ。
できればもう一つでも二つでも順位を上げて欲しいけど、周りが凄すぎる。
今の彼には太刀打ち出来ないと思うので、同じリンクで競い合える幸せを感じられたらいいんじゃないかな。
最後の音が切れて(音響のミス)しまったのは可哀相だったなぁ。

そして、ジュベールやアボット、ーニョジ(ウィアー/笑)。
気持ちを切り替えて、フリーでは攻めて行って下さい。


今回のオリンピックでは、ペアもだけど、アクロバティックな技だけじゃない何かを織り込んで、点数貰っていました。

このところジャンプだけが評価されがちだったから、これはいい傾向だと思う。

ただ、目にはっきり見えない(数字では表せない)芸術性を、どう数字にするのかは、やっぱり個人の感性。
難しいよね。

だからこそ、芸術性でランビエールや高橋がきっちり評価されてるのは嬉しいなぁ

ライサチェクのみならず、ランビエール、高橋も、しっかり(自分自身が)曲になってる。
ショートでこれだけの演技を見せつけられて、フリーになったらどんなだろうって思う。


明後日はみんなの最高の演技と最高の笑顔を見たいです。
1~3位は0.6差で、差は無いと言っていい。
後は当日、フリーの出来次第。
もう、運命の女神が誰に微笑むか、それだけ。

というか、結果はどうでもいいよ。
みんな金でいいじゃん


因みに、芸術点=5コンポーネンツとは、
技術、つなぎ、実行力、振り付け、曲の解釈。
なんとか数値化、公平化しようと努力してるのが見える。
でも最後は、個人の感性だからなぁ。
どうか公正なジャッジでありますように。



フィギュア・ペア

中国の申雪/趙宏博ペアが優勝。
川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ ペアは惜しくも4位。

スロウ4回転ジャンプを直前に3回に変更して挑んだ結果、ミスが重なり表彰台を逃してしまったわけですが…

1・2フィニッシュの中国、特に優勝したペアは断トツだったし、3位のドイツのペア(だったと思う)も素晴らしい表現力だった。

残念ながら、川口ペアには足りないものがあるような気がする。
ジャンプの失敗や表現力の差以外に、肝心な何かが抜けてる。
それはこれから見つかるのかな。
でも、川口の気持ちは凄く伝わってきた演技でした。

彼女の勇気とチャレンジ精神には、心からの称賛を送ります。


TV中継の冒頭に中居君が「ペアは日本ではあまり馴染みがない云々…」と言ってました。
馴染みが無いのではなく、あなた方TV局が放送しないんじゃないの!
アイドル扱いの女子シングルはしつこい程(下らない情報まで付け加えて)番組を作るから、そのとばっちりを受けてるのが、ペアやアイスダンスでしょう。

情報を提供する側が、価値の判断を誤ってはダメだと思う。
良い物を見られない今の子ども達は可哀相。
知らないものは、永遠に知らないままだもの。

今回は流石オリンピック。
ちゃんとペアもアイスダンスも放送してくれるので本当に嬉しい。
けど、中居君の言葉にはがっかりしました。
中居君のせいじゃないけどね。



わんこv
まつげw


エース

信じがたい展開に、
気持ちがついていきません。

涙も出ない。


ばれんたいん

昨日から4年に1度の冬の祭典が始まりました。
でっかいTVで、生中継で観ていたのだけど、
あの聖火台はやっぱり失敗だったのね;
何か変だなぁと思っていたけど、そういうものかと。
いろいろありますね(^_^;)

なんと言ってもフィギュアスケートが楽しみ♪
でもあまりメダルメダル言わないであげてほしいなぁ。
結果として貰えるのは名誉なことだと思うけど、
ベストを尽くして最高のパフォーマンスが出来れば、
それでいいのではないかな。


恐竜さんv

ふくろうさんv


今日は食器棚の整理をしていました。
古いのや、気に入ってないのは思い切って捨てて、先月妹の所から貰ってきた物と入れ替えました。
妹の食器=私が買った(結婚祝いに/妹はバツイチ)物なので、言わば私の趣味なのです。
まだ上手く収まってないけど、少しずつ片付けますよ♪


さいあり

今日も、夜中まで不在の妹に代わり、こぐまの世話。
不足しがちな血中こぐま濃度を補充してきました。
ああ、シヤワセv

妹は埼玉まで遠征してました。
埼玉には古くからの友人が居ます。
10年ぶり位に電話で話しましたが、変わってないなぁ。
時を越え、いつもの彼女が其処に居る。
ありがたいことです。


久しぶりに珈琲専門店に行って豆を購入。
さて、どんな味でしょう。


グリムスもバレンタインバージョンv
ハートふわふわですよ~
VDバージョン

9:『ゴールデンスランバー』

伊坂幸太郎作品は要注意とインプットされているので(笑)
本当だったら、まず観ない作品だと思うのだけど、
舞台が仙台で、テーマがBeatlesの"Golden Slumbers”ですから、
ちょっと興味もあり、またこれはオススメとのことだったので。

昨日見た濱田岳君が、まったく違うイメージの役でした。
これ、新妻エイジ@バクマンじゃんw
 
やるせないというか、気持ちの持って行き所がないストーリーです。
切ないけど、許せないけど、そうして生きていくしかない。

誰が首謀者だったのか、何故彼が選ばれたのか、キルオはどうして彼を助けたのか、海で死んだのは誰だったのか、あのカローラは動かないだろうナドナド…
疑問点は解決されないままに終わるわけですが、そんなことはどうでもいいと思わされてしまう。

最近気になる、やりっ放しで終わる作品とは違い、『信じること』と『生き抜くこと』大事なことだけを印象に残す感じ。

ゴールデンスランバーはTHE BEATLESが歌ってないので、ひたすら耳障りだった。
斉藤和義は好きだけど、あれはいただけない。

ただ、台詞の中で、アビーロードのB面がメドレーになっていることについて語るシーンがあって、それは真実かどうかは別として、そうだったらいいなと思いました。

伊東四郎とか柄本明とか、本当に好きだ!
ああいう役者さんが日本の映画を支えているんだなぁ

で、なんで『ゴールデンスランバー』なんだろ?


8:『今度は愛妻家』

豊川悦司と薬師丸ひろ子が夫婦を演じ、脇に濱田岳@まこっちゃん、水川あさみ@蘭子、城田優、井川遥など。
石橋蓮司@ぶんちゃんは、まさかのオカマ役。
城田優、井川遥はほんのチョイだから、実質5人。
これだけで出来ちゃうのね、映画って。
コンパクトに纏まっていて、テンポもよく、
あれれ?と思ったら、うわー!そうだったのか…と、どんでん返し。

映画館で観なくてもいいかなと思ったけど、でもいい作品でした。

これを観ると、《女性は共感、男性は反省》だそうですよ。
確かに(笑)
あんなダンナ、嫌だもん。
所構わずタバコを吸い、灰皿に吸殻山積み。
浮気性だし、仕事もせずグータラ。
奥さんと向き合おうとしない。
世の中、あんな亭主ばかりじゃないだろうけど、
少なくともうちの執事は全然マシだわ(褒めてるのか/笑)

もう一つ嫌だったのは、冷蔵庫。
マグネットか何か判らないけど、虫だらけ
キモチワルイよぅ(:_;)

深く描かれているものは無く、ただ淡々と夫婦や周りの人達とのやり取りを綴り、その中でお互い気付いていく。
そしてトヨエツにシンクロして泣かされる…

失ってからでは遅いんだ。
いつでもそこに居るって保証なんか無いのに、いなくなることなんか考えたことない。
覚悟なんか出来ないだろうけど、一日一日を大切に生きなきゃね。

私は、共感もしたし、反省もしました。

エンディングで流れた井上陽水の曲 「赤い目のクラウン」は、映画の雰囲気を壊さず、すーっと幕を引いてくれた感じ。

取ってつけたような曲で、それまでのムードをぶち壊すEDが多いなか、
これは大変素晴らしかったです。

アイドルやちょっと売れてるだけのタレントなんか使わなくても、こんないい作品が出来るんだよ。
邦画も捨てたもんじゃないね。


★★★☆☆(3.5)


明日は『ゴールデンスランバー』の予定。

風邪~;;

遠出の疲れで2日ほど引きこもり、
やっと通常の生活に戻れたと思った途端、
またもや風邪っぴき…orz

熱は一日で下がりましたが、喉が痛い。
ちょっと油断してマスク無しで出歩いてたしなぁ;
花粉も飛んでることだし、マスクは必携で!

日本に生まれてよかった。




Mt.FUJI

Mt.FUJI


7:『インビクタス-負けざる者たち』

のちほど




★★★★☆(4.5)

雪ちらほら

明け方、寒くて目が覚めした。
マスクして寝ると、ちょっと温かい。けど息苦しい

南海ちゃんのライヴ、当選おめでとう
楽しみだね(^_-)-☆

レミオロメン、先行エントリーしました。
一般発売は、前半・後半と分けるみたいだね。

11/27(土)、当たりますように(-人-)


西南西

その後、熱は37度台に下がり、回復傾向です。
38.3度に達した時は、ちょっとヤバイかしらと思いましたが、インフルではなかったみたい(自己判断/笑)

食欲も出てきました。

ただ喉の腫れが酷くて、固形物が通らない~(>_<)

ずっと、おかゆとかヨーグルト等、流動物しか食べてなかったのですが、
どうしてもトーストを食べたくなって、えいや~っと食べたら…

拷問だった
でも他に食料がなかったのよね


恵方巻きを◎ーソンで注文しました。
チョッパーの磁石欲しさに(笑)

3本予約したら3個くれた~(・∀・)

20100205033408



はぴはぴバースデイ

今日は、HISASHI君、そしてビビちゃんのお誕生日。

おめでとうございま~す

風邪でダウンしているので、何もお祝いできなくてごめんねm(__)m


お見舞いメール、ありがとう


昨日の続き。

映画『THIS IS IT』には収録されていなかった、幻のライヴのエンディングを特典映像で見たんだけど、涙が止まりませんでした。
あのライヴが、1回でも実現していたら、それを目撃したファンもスタッフも本当に幸せだったと思う。

残念ながら、それは叶わなかったけど、マイケルの思いは、世界中のファンに伝わったと信じたい。

まだ観てない方は、是非観て下さい。
レンタルはいつからかな…

ということで(はい?笑)TSUTAYAにて予約してあったGLAYのDVD(1/27発売)を引き取りに行ってきました。
今夜は見れないけど、近々侍女と鑑賞会です


先日のジュリーを観て思いました。
彼がMCなしでひたすら歌う姿を観て、ぐだぐだなMCは要らないなぁと。
確かに普段触れることの出来ないアーティストの生の姿とか、トークは聞きたい思いもあるけど、内容による。

いろいろ考えさせられたライヴでした。

マイケルの、ステージや作品作りの姿勢もね。
まさに彼は本物のスターで、キングだ。
ひいき目かもしれないけど、GLAYの目指す方向はマイケル寄りだと感じています。
これからが楽しみです♪


WJ。
ワンピ、表紙がビビちゃん

今日もエースにドキドキ
白ひげの漢気に、もう何も言えねェ~



さて、夕方から発熱です。
侍女の風邪がうつったかしら

早々に殻に潜りました。

おやすみなさい。