スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW

あまり関係なく、執事は仕事、侍女は学校、とフツーな感じです。

月末だから振込みとか、携帯の料金プラン変更とか、有料コンテンツの解約とか…
やり残しは無いだろうなぁ?(-゙-;)


今日で『NINE』の上映が終わるので、観納めしてきました。

やっぱりカッコイイわぁ
ダンスや歌のシーンは勿論、カメラのアングルとか、光の加減、モノクロームだったりセピアだったり、
カッコイイ以外の言葉が浮かびません。

特に、一番最後のシーン。
カメラとグイドがクレーンで上昇すると、それがシルエットになり、逆光の中に吸い込まれていく。

そして、「アクション」。

こんな終わり方、何度観てもぞくぞくします。


DVD出たら買おうかな…

家のTVなんかで観ても迫力無いけど(笑)



先日観た『プレシャス』の感想で書き忘れたことを一つ。

母親との決別を決めたプレシャスと、また一緒に暮らしたい母親。
その母親が追い詰められて吐いた言葉は、
「子どもも孫も私の物だ。どう扱おうと、私の勝手だ」
ちょっと違うかもしれないけど、そんなニュアンスでした。

DVにおいて、やはり一番ネックなのが、
この『子どもは親の所有物』って考えだと思う。
男女も同じく。妻は夫の所有物的な考え。

この部分が変わらない限り、いくら反省したと言って頭を下げても、
また同じことの繰り返しになる。

私が、『子ども』を『子供』と書かないのは、そういう理由です。





スポンサーサイト

23:『プレシャス』

アリスが22本目でした。

今年のアカデミー賞で気になっていた作品、
最後はこの『プレシャス』。
近くの映画館はこの手の映画はお客が入らないと思っているのか、
まず上映はされません。
ショージ・クルーニー(マイレージ・マイライフ)はやるのに。
下らない邦画を延々と上映してないで、短期間でもいいから
上映してほしいものです。

ってことで、また高速ぶっとばして行ってきました。
レディスデイだけど、高速代が余分にかかるから、
お財布には優しくないです;;


precious:高貴な、大切な、素晴らしい、宝石、宝物…

素敵な名前を貰いながら、どん底の人生を歩んできた主人公。

父親にレイプされ、2度妊娠、そして出産。
護ってくれる筈の母親からも虐待され続けている。
学校はきちんと調査もせず、2度妊娠したからと言って退学処分にしてしまう。
民生委員も真実を見抜けず(見えていても深く追及しないのか)誰も救いの手を差し延べない。
友達も居ない。

そんな生活の中で、フリースクールのレイン先生に出会い、
読み書きを覚え、友達ができ、少しずつ光が見えてくる。

それと同時に、プレシャスの中で『夢』がだんだんと形を変えていく。
スキニーで白い肌、まっすぐな金髪、ゴージャスなスターになるのが夢だった筈が、
学校へ行きたい、もっと勉強したい。
子どもをきちんと育てたい、本を読んでやりたいそして人はみな平等なのだと教えてやりたいと思う。
離れて暮らしている長女(ダウン症)も引き取りたい。

そして、母親との決別。

負の連鎖を断ち切ることがまず第一歩だと、自分で考え、決めたのです。

母親は多分、自分もあまり愛されずに育ったのかもしれない。
学も無く、職にもつけず、男に頼って生きてきたから、
子どもが自分を超えていくのが不安だったのかも。

しかし自分の目の前で子どもがレイプされているのを止められない母親とは、なんて悲しいんだろう。
しかも、3歳!
3歳の子どもを犯す男って…

男も女も、正しい知識を持ち、自ら考える力を身につけなければ、
欲望だけに支配されてしまうのだな。
そして現実から目を背けてしまう。

プレシャスと母親は、そういう意味で両極端な道を進むわけですが、
何が明暗を分けるのか?
環境なのか、時代なのか、偶然なのか。

レイン先生が言い続けた。
やってみること、諦めないこと、続けること。

ソーシャルワーカー(マライア・キャリー)との出会いも彼女を変えた。

だけど、フリースクールも、福祉事務所も、彼女が自ら出向かなければ出会いもなかった。
ということは、退学にはなったけど、それまで学校に通えていたことが、彼女の心を育てていたのだろうな。

ハーレムには学校に行ってない子も居たから、行かせてもらえた(生活保護を受ける為とは言え)ことが彼女にとってはとてもラッキーなことでした。

HIVエイズのキャリアになってしまったことで、まだこの先不安はあるけど、
自分の力で生きていくことを始めたのだから、前向きに解決していくことと思います。

観ているのが辛い、胃が痛む作品でした。
全ての女の子が、平等に、人権を護られ、幸せになれますように。

マライア・キャリーやナースジョン(レニー・クラビッツ)は、
役者じゃないからなぁ…

絵的にはとても美しかったけど、キャラ設定が甘い気がしました。

しかし、マライアの黒髪、びっくりしたー!
誰だか分からなかった。


★★★★☆










うきうき♪

この数年、スーパーでは見かけなかった気がする。
最後に食べたのは、いつだったか…
もふもふ君の一周忌で行った時も乾季だったので、
全然見つけられなかったし。

ちょっと小さいかな~と思ったけど、
高かったけど、買っちゃった♪

はぁぁぁぁぁぁぁ…(〃▽〃)

しあわせv


マンゴスチン

マンゴスチン2

マンゴスチンらぶ



携帯の調子が悪く、いろいろ弄っていたら、
受信フォルダの中身が全て消えました。
フォルダごとに削除の作業をしていたのに、
保護メールも含め、全部無くなりました

このところ、またバグのような状態があったので、
困ったなと思っていた矢先。

まったくツイてない


諭吉さんが~;

パンク修理のついでに、オイル交換とか、エレメント交換とか
なんだかんだで諭吉さんが飛んで行きました;;
近くのスタンドでやってもらったのだけど、
結局1時間ぐらい待たされて、すっかり凍えてしまいました。
でも、これで安心。
やっぱりスペアタイヤは不安定だから。
今度の点検の時にバッテリーも交換したほうがいいと言われました。
モノイリだなぁ;;


先日、指先を傷めていると書きましたが、
それは数日前に治りました。
そして同じ指の反対側が、同じように化膿しました。

なんで…orz

とにかく右手の親指が使えないのは極めて不便です。
すごく痛いし。早く治れー!

そんなこんなで昨日の疲れと指の痛みで、今日はダウン。
明日はまた雨かな…


昨日の花たち
亡父の家(今、妹が住んでます)の庭が花ざかりです♪

はなみずき
はなみずき

すずらん
すずらん

どうだんつつじ
どうだんつつじを見上げてみる
背の高い木なのですv

どうだんつつじ2
どうだんつつじ




散々;;

今日は、同期の友人と食事会の予定でした。
それに合わせて、妹の所属するダンススタジオの
HPを作る予定も入れていました。

しかし、食事会は延期。
妹も食あたりでダウン。
行くのはやめようと思ったのだけど、
こぐまの散歩もままならない様子だったので、
お見舞いがてら、こぐま詣で(結局逢いたいのさv)

夕方、車で走っている時に、変な音がしたのです。
助手席側のタイヤあたりで。
そのまま妹宅に車を止め、なんだかんだで夜になり、
じゃあ、お大事に~と帰路につきました。

走り始めたら、なんかおかしい。
車が傾いてる。変な音がする。

Σま、まさかっ!!!

パンクでした;;

妹の家から、わずか数十メートルの交差点を通り過ぎ、
保険会社に電話し、ロードサービスを手配してもらいました。
JAFは去年やめちゃったのよねー
だって保険のサービスで賄えちゃうから要らないかなって。

電話して30分ほどで爽やかなお兄さんが来てくれました。
大変でしたね~、不安だったでしょうって、ソフトな物腰で。
うんうん、物凄い不安だったよ(めそり)
30分弱でスペアタイヤに交換してくれて、
帰りのアドバイスなどしていただいて(高速走っちゃ駄目とか)
優しい笑顔で見送っていただきました。
ありがとう、爽やかお兄さんv

さて、高速で帰れば3~40分なのですが、
一般道を通るとどれくらい掛かるのか…
多分最短ルートは人里はなれた所を通るので、
大事をとって、国道で帰ることにしました。
それでも夜遅くて空いていたので、1時間半ほどで帰宅できました。

侍女が一緒だったので心強かったけど、
心身ともに疲れ果てました…orz

パンクの原因は、釘。
何処のどなたか存じませんが…

落とすなよっ!!!

大事故にならなくてよかった。


寒いねぇ;

4月の半ば過ぎにセーター着てるなんて…

早く暖かくなってほしい。
それと花粉もそろそろ終息していただきたい。
特にひのっきー;

そういえば、昨日アリスを観たのですが、
これから観に行く予定の方も多そうなので、
れびうは続きに。
ご注意くださいね~


GLAYさんのホールツアー、FCは全滅だったので(ご協力感謝ですv)
プロモーター先行にエントリーしました。
当たりますように。
今回、ぴあやe+は先行が無さそうです。


姫空木が満開v
100423-2

100423




【“寒いねぇ;”の続きを読む】

7/30

7月30日ではなく…
一ヶ月に一週間だけ営業するというカフェがありまして。
手作りスイーツと小物のお店です。
先月TVで紹介されていたので早速行ってみましたらば…
そりゃあもう、凄い人で;
すごすごと帰ってきた次第です。

で、今月リベンジ!
毎月20日~26日の1週間のみの営業なので、
何曜日に行けば一番空いてるかしら?などと思いつつ、
やっぱり朝一かしら、と。

結果、朝一は駄目ね。
みんな同じことを考えるようで、オープン前にすでに何組も。
一応、一巡目には食い込めたのですが、かなり待たされました。
おまけに外のお席だったものだから寒くて寒くて;;
ショールやひざ掛けなど役に立たず、すっかり凍えていました。

季節がよければ外もいいけど、やっぱ中かなぁと思います。
小物もゆっくり見れるだろうし。

で、かな~り待たされて、やっと出てきたコーヒーはぬるかったし、
紅茶も砂時計の砂が落ち切っていましたから、推して知るべし。
ケーキはリーズナブルなお値段で、美味しかったです。
手作りの優しいお味でした。
全種類食べたいけど、そういうわけにもねぇ?(笑)

ということで、次回は朝一ではなく、
一巡したあたりの時間を狙って行くのがいいかなーと。
ゆっくり小物も見たいし。


あー、非常に腹立たしかったのは、
隣のテーブルのオクサマたち(30代くらい・幼稚園か小学校のママ友)
最初はPTAだ、町内会だ、旦那の不満とか微笑ましい(ぇ)話題で
盛り上がっていらっしゃいましたが、
いつのまにかオムツの話になり…

およそお茶とケーキを嗜む場所には相応しくない汚物の話を
声高に、しかも延々と…
TPOをわきまえようよ。ね。

類友とは恐ろしい。
誰も止めないんだもの。

周りのテーブルの方々は眉を顰めてましたけど。


せっかく楽しみにしていたお店ですが、第一印象はかなり悪いです。
でもケーキは美味しかったので、また来月行こうと思います。


今度はコーヒーは熱めでお願いします。



KOMAMONOYA
KOMAMONOYA
大きなミモザの木がありました。

洋ナシとキャラメルのタルト
洋ナシとキャラメルのタルト

チョコレートケーキ
バナナとなんとかのチョコレートケーキ
(名前忘れました)



21:『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』

今日は朝から、母、侍女、執事、侍女、執事、侍女、侍女のアッシー三昧
土砂降りだったし、仕方ないんだけどさ。

夕方、やっと少し時間が空いたので、映画を観てきました。

オーケストラのシーンも、バイオリンやピアノの演奏シーンも、迫力があって、本当にコンサートホールに居るようだった。

のだめと千秋、きよらと峰の恋愛模様も、何だか切なくて可愛いなぁ
それぞれの目指す道を、時に迷いつつも真っ直ぐ歩いて行く。
好きな人は傍にはいないけど、心は繋がっている。
音楽を通して互いに向き合う姿が、素晴らしく思えました。

人間関係の描写が弱く、原作を知らないと理解できない部分もあるかと思いますが、本筋がビシッと決まっているので、まあいいか~と。
いい感じに削ぎ落とされてると思います。

いまひとつな点は、
テルミンの彼女がもう少しストーリーに絡んでくるかとおもったけど、あれだけ?とか、
ミルヒーが何か問題を抱えていそうだったのに、それについてはほぼスルーなのね、とか、
最後のキスシーンは無駄に長いな、とか。
せっかくパリで撮影してるのだから、もう少しお洒落なエンディングにしてほしかった。
あと、マングースが、しゅーっって走っていくかと思ったけど、それは無かった。残念。

のだめは、原作は途中までしか読んでないので、結末を知らないのですが…
未来に含みを持たせた終わり方で、よかったと思います。


★★★★☆





GLAYのホールツアー、FCx2、モバイルx2 先行

全滅…orz


プロモーター先行、頑張ります(´;ω;`)


痛い(ノ_・。)

数日前から右手の親指の先が化膿していて、ちょっと触れるだけでメチャクチャ痛いです。

ペンも持てないし、歯ブラシも持てない
困ったなぁ…
早く治れーっ(-゙-;)


昨日はいつもの友人と久々ランチ。
イタリアンのオーダーバイキングでした。
二浪の長男君、今年も桜は咲かず、三浪突入。
来年は綺麗な花が咲きますように


今日はまた雨降り
寒いと脚が痛いから、早く暖かくなって欲しい。





有朋自遠方来

不亦楽乎

結婚して関東に行ってしまった友人が、久々に一人で里帰りしてきました。
毎年盆暮れには帰省しているけど、双方の実家に2~3日滞在するだけで精一杯とのこと。
そりゃそうよね。

今回は一人でのんびり実家に滞在し、友人と会ったり親戚を訪ねたりしているそうです。

10数年ぶりに会ったけど、一瞬にして当時に帰りますね。
ダンスの仲間なので、踊りのこと、師匠のこと、仲間のこと、一緒に行ったバリ島旅行のこと…
もちろん近況報告や、これからの人生設計ナドナド

妹とも共通の友人なので、妹宅にて、中華とで再会を祝し、めちゃくちゃ楽しい時間を過ごしました。

最終的には、3人で起業しよう!って話になりました
実現したら楽しいだろうなぁv


20:『ゲキxシネ 五衛門ロック』

楽しかった!

その一言に尽きます。

今回は侍女と一緒に観ました。
前に観た時に散々語ったので、観ながら、ああ、ここね~とか思っていたとか。

絶妙な間とか、エンターテイメントとしてのこだわりみたいなものが、気持ち良いタイミングでちりばめられていて、何度観ても飽きないなと思いました。

さもんじ@江口洋介が好きだぁ(〃▽〃)



退院おめでとう
短期間とはいえ、お疲れ様でした


『夢やぶれて』

スーザン・ボイルのお陰で、広く一般の方も耳にするようになったのではないかしら。

私の大好きなミュージカル『レ・ミゼラブル』の中で、ファンティーヌが歌う歌です。
“I dreamed a dream”

昨夜の『SONGS』は岩崎宏美でした。
オケ(構成)が違うので、スコアが若干違って違和感があったけど、一瞬にしてあのシーンが蘇り、感動の嵐でした
最近のファンティーヌには泣けないもんなぁ
今夜再放送、もしかしたら再々放送もあるかもしれないので、チャンスがあったら、是非見て下さいね♪

私の中で最高のファンティーヌは、鈴木ほのか、岩崎宏美の両氏です。


『NINE』3回目。
これ、好きだぁ(〃▽〃)
いつか舞台で観たいです。

今日も寒かった。
冷えると脚が痛むので、早く暖かくなって欲しいよ


半年

病気が見つかって、1年。
手術、化学療法を終えて半年。
今日は半年に1回のCTでした。
先月組織の検査をしたので、その結果も聞きました。
すべて異常なし。
腎機能も問題なし。

単なる通過点ではあるけれど、この先も定期的にチェックは必要だけど、
とにかく第一関門はクリアです。
よかったよかった。

応援してくださったみなさま、いっぱい心配かけました。
ありがとう!ありがとう!


ひめうつぎ
お見舞い♪


寒っ(-゙-;)彡

落花盛んなも、雨で台なし。

冷えると脚の痛みが復活します。
これ(副作用)、いつまで続くんだろ


もうすぐ4年

父の命日が近いので、お墓参りに行ってきました。
お彼岸に行ったばかりなのに、もう雑草が出てる。
小さいスミレだけ残し、ぷちぷち抜いてましたら…
こぐまも一緒に行ったのだけど、うっかりお墓にオ◎ッコかけちゃいました
じーちゃん、許せ!

もっふもふのこぐま、アンダーコートはかなり抜けているらしいけど、まだまだもふもふ。
既に、暑くてやってらんねーな態度。
沖縄育ちなのに。
暑い所で育ったから、初めての冬は辛かろうと心配したのに、この程度の暑さでギブアップとは…
夏には丸刈りだろうか


午後はを飲みながら、『道』を鑑賞。
高橋大輔が滑った、あの『道』です。
50年以上前のイタリア映画で、日本で初公開された時は凄い人気だったとか。

以下、Yahoo!映画より。

『道』
大力自慢の大道芸人ザンパノが、白痴の女ジェルソミーナを奴隷として買った。男の粗暴な振る舞いにも逆らわず、彼女は一緒に旅回りを続ける。やがて、彼女を捨てたザンパノは、ある町で彼女の口ずさんでいた歌を耳にする……。野卑な男が、僅かに残っていた人間性を蘇らせるまでを描いたフェリーニの作品。


ってコトですが…

酷い扱いだなぁと思いつつ、日本でも昔は口減らしで子どもを二束三文で奉公に出す親も居たわけで、何処にでもあったシチュエーションではある。
ジェルソミーナは知的ハンデを持ちながらも(白痴って差別用語じゃないだろうか)、自分を認めて貰いたい、誰かの役に立ちたいという強い思いを持っている。

ジェルソミーナを取り巻く環境の厳しさ、人々の優しさ。
現代にはなかなか見られない、人と人との関わりが描かれています。
人間関係が実にストレートだなぁと思います。

ジェルソミーナを見捨てたザンパノが、自分の過ちに気付いて、話は終わる。
なんともやり切れない終わり方です。
誰も幸せじゃないんだもの。

あのメロディは映画全編を通して流れます。
切ない、ジェルソミーナそのものの、まっすぐな『道』。
逆らうことの出来ない運命を、自分が望む生き方で歩いて行けたのかな。
映画には描かれていない光景も、イマジネーションの中で完結できる気がします。

昔の映画って、映像や音は粗くても、観る側の心の中で、それぞれのエンディングを迎えることが出来るのだなと思いました。

最近感じる、やりっ放しや、つじつまの合わない作品の制作者は、原点に帰って勉強し直すべきだね。
創る側も観る側もイマジネーションの欠如してる状態では、10のうち10観せなきゃ伝わらないのかもしれないけど。

いい勉強になりました。

DVDの特典映像で、淀川長治さんが言いたい放題言ってる解説が面白かった。
そしてフェリーニ監督とニノ・ロータのインタビューが文字だったのがびっくり!
動画は残ってないのね~


映画を観終わった後、高橋大輔の『道』が観たくなって、またフィギュア鑑賞。
しかし高橋は1回だけ観て、後はずーっとランビエールを観てました

ああ、素敵


電池切れ

映画ウィーク。
4日連続で鑑賞したら、流石に疲れました。
ヘビィな作品ばかりだったので、肉体的にも精神的にも疲れた。

ということで、今日はおやすみ。
母のアッシーしたり、ついでにランチしたり、まったり過ごしました。

いや~、しかしサービスディとか割引クーポンさまさま。
一般料金で観ることは殆どないけど、約半額ですからホントに有り難いです。

ようつべにGLAYチャンネルが出来ました!
わ~、凄い グレバケの映像なんかも、ばんばん観られちゃいます!
私はDVDで観れるんだけど、ついついようつべのハシゴしちゃう。

あ、会報来たので、ホールのエントリーしなきゃ!


19:『しあわせの隠れ場所』

第82回アカデミー賞、主演女優賞受賞作品。

ホームレス同然の生活からアメフトのプロ選手になった少年の実話を映画化したもの。
サンドラ・ブロック、かっこいいママでした。
家族がみんな良い人で、ちょっと出来過ぎじゃない?とは思うけど、理想の家族でした。
子どもたちが可愛かった

誇りと勇気を持って生きていくこと、自分で決めたことはやり抜くこと、諦めないこと。
そんなメッセージが込められていたと思いました。

昨日がヘビィだったので、余計に今日はハッピーです

★★★★★



もう一つ、ハッピーなこと。

今日、帽子無しで外出しました。
暑いし、かなり伸びたし。
スッキリ~


18:『ハートロッカー』

第82回アカデミー賞、最多6部門受賞作品。

原題:The Hurt Lockerとはどういう意味だろう?と考えていたら、『アメリカ軍の隠語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味する』だそうです。
直訳すると、Hurt(痛み、苦痛)にLock(鍵をかける)する人だから、なるほどなぁと。
へんな邦題がつかなくてよかった。

イラクを舞台としたアメリカ軍爆弾処理班を描いたストーリー。
撮影はヨルダンで行われたとか。
言わずもがな、現地(イラク)はもっと荒廃してるのだろうな。

戦争の悲惨さというより、その最前線にいる『人』の極限状態を描いています。

かつてベトナム戦争から帰還した米兵の多くが精神を病んだと言われていますが、いつの、どの戦争でも同じじゃないだろうか。
安全なエリアから命令するだけの人には解らないでしょう。

その、ほんの断片だけを描いているわけだけど、観終わって、物凄い疲労感が襲ってきました。
もう嫌だ。

今も世界のどこかで紛争が続き、たくさんの罪もない市井の人たちが命を落としたり、辛い思いをしている。
平和な日本には関係ないことなのか、無関心でいいのか、何か出来ることはないのか…

見上げた空に凧が飛んでいるシーンがありました。
日本ならばのどかな風景だけど、私は『カイトランナー』を思い出しました。
平和な日はまだ来ない。

No More War!!!!!


★★★★★(4.5)

17:『マイレージ、マイライフ』

アカデミー賞、5部門にノミネートされた作品。
ジョージ・クルーニーが主演男優賞、ヴェラ・ファーミガが助演女優賞だったかな。

リストラ宣告人なんて職業、アメリカには本当にあるのかしら
新入社員の小娘を演じたアナ・ケンドリック、なかなかいい感じでした。

空撮の風景が綺麗。
ジョージの身のこなしがクール
目標マイルを達成した後、どうなるわけでもなく、恋が実るのかと思えばそうでもなく、うやむやで終わってしまったような…

人生なんて、そんなモンさ。
ってことかしら。

ネットで解雇宣告が出来る(と考える)若者が巷に溢れないことを願います。
つくづく、『人』は向き合わなきゃダメだなぁと思いました。

思ったより、終始ゆる~い感じでした。


★★★☆☆(3)

16:『ゲキ×シネ 蜉蝣峠』

ゲキ×シネ 劇団☆新感線
いのうえ歌舞伎・壊
「蜉蝣峠」

『ハートロッカー』の上映館を探していたら、ゲキ×シネ発見♪

M◎VIX三好は初めて行くし、ユーザーれびうも芳しくなくて、ちょっと腰が引け気味でした(笑)

最初、モザイクがかかっていた部分も、いつの間にか丸出し
いいのか~

あんぱんの親分(だったかな)とか、『あっぱれ』、『りっぱ』の面々とか、相変わらずおかしな劇団です

堤真一がカッコよかったvvv
軍鶏(シャモリさん)でもステキ

殺陣シーンは血のり飛びまくりで、衣装の始末とか舞台、メイクの直しとか大変そうでした。

結末はシビアなのだけど、とにかく笑わせてくれるし、2500円は高くないかな。
満足(〃▽〃)v

あ、お下品すぎて、マイナス1ポイントで、
★★★★☆(3.5)


今週は映画ウィークです。
予定では月~金で5本(つまり毎日/笑)

期間限定が多いので、厳しいスケジュールです

楽しみです



避難

上階の騒音と地響きから逃避して、こぐま詣でしてきました
毛が伸びてもっさもさ~
更に『くま』化してます。
可愛さ倍って感じです(伯母バカも倍/笑)


父の家の裏庭にの木があります。
咲いてるかな~♪と見に行ったら、既に葉桜…orz
来年こそ見るぞー!


DVDで『プラダを着た悪魔』を観ました。
私は『道』が観たかったのだけど、妹と侍女がプラダを観てないので、多数決で負けました

メリルはいろんな役が出来るんだなぁ。
゙That's all゙って、カッコよかったです。

アン・ハサウェイ、あのでっかいオメメは落ちないんだろうか…
可愛いなぁv

サイモン・ベイカー、素晴らしくタイプです()
クールなプレイボーイだけど、ステキvvv

観ながら、設定がアグリーベティに似てるね、と話してました。
特に繋がりは無いみたいだけど、どうなのかな。

監督かメリルがカラーが好きなのか、何かこだわりがあるのか判らないけど、カラーがいろんな生け方がしてあってステキでした。




15:『シャーロック・ホームズ』

春休み。昼夜を問わず暴れまくる怪獣の地響きに耐えられません
早く帰れ

さらに火に油を注ぐが如く、「もう仕事終わったから、今日は帰る」とノウテンキな電話をしてきた執事が、マジで帰宅したので(14時ですよ!)、さくさく出かけましたよ

イン●ィゴの最終回を邪魔しなかっただけマシだけど。
(`・ω・´)プンスカ

観たかった映画は上映時間が遅い上に少し遠いシアターなので、今日は断念。
ヤツが普通の時間(22時頃)に帰ってくるなら、予定通り行けたのに

で、シャーロック・ホームズ。

子どもの頃に読んだホームズとは別人らしい(笑)
推理・探偵物というよりは、アクション映画かな。
回想シーンとか謎解きを交えるので、時々あれれ?と置き去りになってしまったり、アクションシーンが長すぎて退屈になったり。
途中で睡魔に取り付かれてました

ロバート・ダウニー・Jr@ホームズは、ダメ親父だけど憎めない感じ。
目が可愛い(・∀・)

ジュード・ロウ@ワトソンは好き(告っても)
ワンコも可愛かったv

レイチェル・マクアダムス@アイリーンは、見た瞬間、ジェニファー・ビールスかと思った。
そんなワケないのに(親子くらい年齢が違いそう/笑)
『きみがぼくを見つけた日』のヒロイン役の子でした。

アイリーンは、ふ~じこちゃ~んみたいな役どころで小気味よかったです。

産業革命の頃なのか、ベーカーストリートも港も、時代の息吹を感じる演出でした。

あの装置が、ホームズにとっては画期的だったわけで、そういう驚きが新鮮でした。
リモコンだもんな~

ただ、とにかく罪の無い人がバタバタ死ぬので、こういう映画は好きじゃないです。

謎解きも、もうちょっと考えさせられ、あーっそうだったのかと思わせてほしかったかな。


★★★☆☆(2.5)


うそたん

うそぷー
お誕生日おめでとーv
早く全員が揃って欲しいぞ~


さて、本日より、GLAYの未発表曲『Apologize』の着うたフル(R)の
無料DLが始まりました。
聴きたいな~って方がいらしたら、メール下さい。
携帯でのみDLできるURLをお送りいたします。
(DLは無料ですが、パケット通信料が発生しますので、ご了承下さい)

さてさて、今日からホールツアーの先行受付が始まりました。
アリーナで遠征したいので、ホールは、当たればいいな~くらいの気持ちで
隣県のライヴにエントリーするつもり。
今度は忘れないように!


昨日のオヤツ♪
桃のシフォン

美味しかった!(T_T)
毛がにv