スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3:『洋菓子店 コアンドル』

昨日の映画がヘビィだったので、ぼんやり観られる作品を。
ケーキ、丁寧に心をこめて作ってるんだなぁ。
本当に美味しそうでした。

内容は、想定内で、可も無く不可も無く。

でも、一番響いたのは、
「美味しいねぇ」という言葉。
ケーキに限らず、毎日ゴハンを作ってくれたり、
家事をしてくれたり、誰かのために何かをしてくれる人に、
心から感謝をしなくちゃ…。

そして、誰かが喜んでくれたら、きっと幸せ。
シンプルなメッセージだけど、心に響きました。


江口洋介、最近こういう陰のある役が多いけど、
私は『一つ屋根の下』のあんちゃんや、
『五右衛門ロック』の左門字さんが好きだ~v 


★★★☆☆

何箇所か、設定に納得いかないところがあったので、マイナス1点。

スポンサーサイト

2:『442日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』

第2次世界大戦時に日系人で編成された部隊・アメリカ陸軍442連隊。
その部隊にいた人たちが語るドキュメンタリーです。
作り物じゃない、リアルな映像と、証言。

昨年秋にTVドラマとして放映された『JAPANESE AMERICANS』を
知っていると、少し解りやすいかも。

一言で説明するのは難しいので、是非公式サイトを覗いてみてください。
今を生きる私たちが、どんな歴史の上に生かされているか、
少しでも考えるきっかけになれば。

帰れなかった人たちのために、我々は勲章を付けるのだ。

栄誉でも、自慢でもなく、敵・味方の隔てなく、
戦場から帰れなかった人のために、だそうです。

フォックスを観る前に観たかったので、
急いで行ってきました。
全体的に、映画としての作りではないので、
ちょっと観にくいけど(スーパーが右側と下、両方に出たりする;)
これは、いつかTVでやってくれるといいと思います。


★★★★☆

ぷんすか

執事の父親の病院、遠いのは、まあ仕方ないとしても、
敷地内に駐車場が殆ど無い。
僅かにあっても、身障者用が数台分で、一般車は止められない。

彼方にパーキングビルとかタワーとかが有り、パーキングと病院をぐるぐる廻るマイクロバスはあるけど、
いつ来るか分からないもの待ってられない。

付き添いやアッシーがいる人はいいけど、病人や怪我人(本人)はきついよなぁ

古い住宅が密集している場所に、つぎはぎに建てているから、用地が買収できないのかもしれないけど、
ひじょーに病人に優しくない病院です

そして、今日は予約にもかかわらず、1時間以上待たされて、診察は3分。

大学病院かいっ!!(#ノ-_-)ノ~┻━┻・..。;・'

あ、手術は先週終わり、経過は良好です。
白内障の手術は今月末ぐらいかしら…


昨日の雪、まだ残ってます。
田舎の方はもう溶けて無くなってたのに



ちゅる~


HAPPY VALENTINE'S DAY

雪のバレンタインになりました。
ロマンティックだけど、ちょっとお出かけは大変
ま、デートの予定もありませんが(笑)

荒天のなか、クロネコさん、ありがとう




よく降るなぁ…

またまた下書きが増えていく。
さいたまレポは書けるのだろうか。
仙台レポもまだ下書きのまま…orz


今年はよく雪が降る。





『わが心の歌舞伎座』

ぼやぼやしてたら、最終日になってしまった

戦後復興の象徴とも言われる歌舞伎座が、老朽化により建て替えられることになりました。
有名な歌舞伎俳優が次々出てきて、思い出を語ったり、名場面を紹介したり。

普段は見られない、裏方さんのお仕事や舞台裏も観られて、
華やかな歌舞伎の世界を支えている縁の下の力持ちがどれだけ居るか、
いや、これほどまでとは思いませんでした。

忠臣蔵では、舞台上にいない(袖の陰にいる)人まで、平伏して主君の最期を受け止める。
そういう空気は伝わるのね。奥が深い。

こんなに素晴らしい世界を知らないとは、本当に損してる。
ああ、もったいない。

歌舞伎、いつか見に行こう。


もひとつ

HAPPY BIRTHDAY HISASHI

美しい39歳だなぁ


パンク、その後。
ランチを終えてお店を出たら、助手席側の前のタイヤがペッタンコ

すぐにロードサービスに電話して、スペアタイヤに交換してもらい、家の近くのガソリンスタンドで修理してもらいました

またもや、バルブの劣化。
あわやタイヤ買い替えか?と思ったけど、修理で済んでよかった


その後、2/6のトリプル選挙(名☆屋市長選、愛☆県知事選、名☆屋市議会解散の是非を問う)の不在者投票に行ってきました。
今回は、我が家(母も含めて)全員が期日前投票。
ひっきりなしに人が来て投票していました。
投票率あがるかな?


それから、小さい時から知ってる知的障害のある青年にバッタリ会い、暫く話をして、厳しい現実にちょっと暗くなり、
帰宅したら元同僚から電話がきて、仕事の話がダメになり…
同僚もいろいろ溜まっているらしく、珍しく愚痴を零していました。
悲しきかな、中間管理職

今日はいろいろあって疲れました…orz




わさお、衝動買い(笑)


ビビ誕


【“ビビ誕”の続きを読む】