スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界フィギュアスケート選手権(続き)

■女子シングルSP
1 キム・ヨナ(韓国)
2 安藤美姫(日本)
3 クセニア・マカロワ(ロシア)
4 アリッサ・シズニー(米国)
5 アリーナ・レオノワ(ロシア)
6 カロリーナ・コストナー(イタリア)
7 浅田真央(日本)
8 レイチェル・フラット(米国)
9 キーラ・コルピ(フィンランド)
10 村上佳菜子(日本)

15 エレネ・ゲデバニシビリ(グルジア)


■女子シングルFS
1 安藤美姫(日本)
2 キム・ヨナ(韓国)
3 カロリーナ・コストナー(イタリア)
4 アリーナ・レオノワ(ロシア)
5 アリッサ・シズニー(米国)
6 浅田真央(日本)
7 クセニア・マカロワ(ロシア)
8 村上佳菜子(日本)
9 キーラ・コルピ(フィンランド)
10 エレネ・ゲデバニシビリ(グルジア)


■ペアFS
1 アリョーナ・サブチェンコ/ロビン・ゾルコビー(ドイツ)
2 タチアナ・ボロソジャー/マキシム・トロンコフ(ロシア)
3 ホウ清/トウ健(中国)
4 川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ(ロシア)

9 高橋成美/マーヴィン・トラン(日本)


■アイスダンスFD
1 メリル・デービス/チャーリー・ホワイト(米国)
2 テッサ・バーチュー/スコット・モイヤー(カナダ)
3 マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ(米国)

13 キャシー・リード/クリス・リード(日本)




ずら~っと結果をコピペしてみました。

女子シングルは、1年数ヶ月ぶりに試合の場に現れたキム・ヨナに注目していました。
ボンドガールほどのインパクトはないし、ジャンプの失敗はあったけど、
やはり完成度とか全体のバランスは断トツだなぁ。

今回、浅田が本調子とは言えず、体重も落としすぎて、
スタミナ不足や、技のキレも精彩を欠き、
最後まで実力を出し切れず不本意な結果に終わってしまったのが残念。
ただ、本人が言っていたとおり、今出来ることはやれたのでしょう。
来シーズンに向け、まずは身体をきちんと作ることかな。
行きつ戻りつでも、着実に成長している姿は立派だと思います。

村上は初出場で8位は充分です。よく頑張った。
SPの時の緊張感は遠く離れた日本にもビンビン伝わってきた。
そして前日の反省を活かし、FSでは実力を出し切った。
世界のレベルにはまだまだ及ばないけど、このまま順調に伸びて欲しいです。
コーチはそろそろ変えた方がい…(もごもご)


シズニー、コストナーは技術もさることながら、
表現力が素晴らしくて見とれてしまいました。
オトナの魅力というのかしら。

あの優雅さを、女王様がお持ちならば…(-.-;)



今回はペアやアイスダンスもちゃんと放送され、
素晴らしいスケーティングを堪能させて頂きました。

アイスダンスはどちらのペアが優勝してもおかしくなかった。
いつまでも観ていたい世界でした。

リード姉弟は楽しそうに滑っていたなぁ。
後半のThinkでノリノリになって、最後でコケてしまったけど、
転ばなくても多分点数的には上位に食い込めなかったでしょう。
でも生き生き滑っていたのでヨシ。

シブタニ兄妹は突然現れて3位入賞してしまって、ビックリ。
来シーズンはどう成長してくるかな



エキシビでは、川口・スミルノフペアが滑った『千と千尋~』が感動的でした。
あの歌はあまり好きではなかったけど、
川口悠子の思いがこもった滑りは、最後の音が消えるまで
暖かく伝わってきました。
スケートに感動して泣くのは久しぶり。

メダリスト達の、試合では観られない表情がたくさん観られて満足でした。

今シーズンはこれで見納め。
来シーズンも楽しみです。


スポンサーサイト

世界フィギュアスケート選手権

当初、3月に東京で開催する予定でしたが、
東北地方太平洋沖地震の影響により
モスクワでの代替開催となりました。

1ヶ月も延期になったこと、
また開催地がホームからアウェイに変わったことで
選手それぞれに調整が大変だったことと思います。
日本の選手は特に。

先に行われた男子シングルは
1:P・チャン(CAN)
2:小塚崇彦(JPN)
3:ガチンスキー(RUS)

高橋のアクシデントは痛かった。
いつぞやの靴紐ブッチン@織田は最悪だったけど、
こんなこともあるんだなぁ;

織田に至っては、最悪のミスを…
同じ間違いを何度も犯すのは精神力の弱さだろうか。

全ての選手に言いたいことは、
いつまでも其処にママが居ちゃダメだ!
親がべったりの選手は脆さが露呈される。
裏では支えてくれる大切な存在であってほしいけど、
表に出てきては、いつまで経っても自立できない。

幸か不幸か、この二人が自滅したことが、
小塚が表彰台に上がれた理由の一つでもある。
いくら彼がノーミスだったからとは言え、
それは言葉通り「ミスをしなかった」というだけで、
まだまだ足りない部分がたくさんあって、
残念ながらチャンとはレベルが違いすぎる。

だけど、私は小塚の滑りが好きなんだなー。
もう一歩、先に進むには何が必要なのか、
来シーズンに向けて考えてくれるといいと思います。

4:ブレジナ(CZE)
5:高橋
6:織田
7:アモディオ(FRA)
8:ジュベール(FRA)

ジュベールはメダルを取りに行くのは諦めていたのか
いつもの丁寧な滑りでは無かったものの、
普段は見られない、よく言えば、ふっきれたような、
悪く言えばヤケクソのような滑りだった。
だけど、のびのびと楽しそうで、来シーズンはまた違った姿を
見せてくれるような気がします。

アモディオの滑りは好きじゃないけど、
このフリーはそれ以前の問題だった気がする。
まず、気持ちが入っていない。滑りも雑。
そして、ボーカル入りの曲を使ってきたことで、
試合を放棄していたとしか思えない。
あのモロゾフが、何を考えていたのかは不明。

若手もどんどん育ってくる来シーズン、
ますます混戦の男子シングルになりそうです。
楽しみ~♪





もーにんぐ

@こめ~だ。

母の病院のアッシーで来たものの、
駐車場が満車で入れず、コメダに避難。
さすが名古屋の朝です。大繁盛。主にジジババ。

私はモーニングなど滅多に来ないけど、コメダは、
スティッチがバイトしていたパン屋さんのパンなので
トーストがとても美味しいのですv

相変わらず禁煙でないのが難点ですが。

一人だったので、カウンターでまったりしていたら、
隣に座ったおばあちゃんに話しかけられ、
ちょっと面倒になってきた(酷)ので、そそくさ撤収。
日本人じゃないな。K国の方かな。

駐車場に戻ると、来た時は空いていた隣のスペースに、
ドアや後部がベコベコ凹んでいる軽自動車が
斜めにつっこまれている。
どんな人なんだろう?と思いつつ、メールを書いていたら、
さっきのおばあちゃんがやってくるじゃないの!

ひえ~~~;;

私が店を出てから15分は経ってたはず。
ここで再び顔を合わせるのはちょっと気まずい。

ひたすら下を向いて、目を合わせないようにしてました。

先方は気付いたかどうか判らないけど、その車に乗り込み
乱暴な運転であっという間に去っていきました。
ひやひや。


バギクラ公開録音@大阪城、ハズレました;;
スティッチに至っては、エントリーすらしそこなったのだから、
ご縁が無かったということでしょう
名古屋でも開催されることを期待しましょう♪

その代わりではないけど、『ブッダ』の優待券が当たった。
わーい。

ばぎくらのほうがよかったけど(ぼそぼそ)




ランチにパンとライスがつく謎

久しぶりに友人とランチ。
いつものようにマシンガンな彼女の爆笑トークで盛り上がり、
ゴハンは食べたのか、どんな味だったのかアヤフヤ。

それはいいのだが、最初にパンが2種類出て、
メインディッシュと一緒に、てんこもりのライス…
なぜ?誰がそんなに食べるんだ???
もちろん即座に辞退しました。
だってデザートが入らなくなっちゃうものw
みなさん、両方食べるのかなぁ。


某所で見た【あなたの通り名きめったー】
やってみました。

今日から◎◎(本名)の通り名は『灼眼の神話・◎◎』です。
某HNだと『地に降りた人狼・◎◎』です。

診断結果は日替わりだそうで、今日は
本名は『旋風のゆでたまご・◎◎』
HNは『灼眼のチキンラーメン・◎◎』

一番最初にやったとき、『なんとかの黒龍』だったのよね~
それが一番カッコよかった。龍だしねv




『昼下がりの情事』

午前十時の映画祭。
連続でヘップバーンです。
凄いタイトルなんだけど、どんな内容?と思って観てみた。

原題は、Love in the Afternoon
もうちょっとお洒落な邦題を付ければいいのにと思ったけど、
まあ、タイトルどおりの内容でした。

『ローマの休日』と比較にならないくらい、
詰まらない映画でした。がっかり。
これが名作なら、私の目は節穴なのかな(汗)
珍しく、途中で帰りたくなった。お腹痛かったし。
結局最後まで観ましたが、率直な感想としては、
この作品、最初10分と最後の5分だけあればいいじゃん、と。

フランク・フラナガン:ゲーリー・クーパー
アリアーヌ・シャバッス:オードリー・ヘプバーン
クロード・シャバッス:モーリス・シュヴァリエ

アリナーヌのパパが素敵v
この人の存在で救われたかなぁ。



★★☆☆☆

日本の底力

新幹線が仙台まで開通しました。
あの仙台駅が復活(ほろり)
日本の底力、感動的です。


夕方、メンタルを病んでいる友人にバッタリ。
詳しい話は聴いていなかったのだけど、
本人の口から語られることは、うーーーん…

やはり人間関係が問題みたいなんだけど、
彼女を(特に親しいわけでもないけど)
15年ぐらい前から知ってる身としては、
本人に自覚は無いにせよ、問題はアナタにも…
と思わざるを得ない。勿論言わないけど。

30分程話しただけなんだけど、気付いたらどんより…orz
危うく引きずられるところでした。
しっかりせねば。

無理せず、ゆっくり出口に向かってくれることを願うばかりです。


お腹は、相変わらず不調。
なんでだろう;;

う~ん(:_;)

昨日からお腹が不穏で、
今日の午後からは胃まで痛くなってきた

頭も痛いし微熱もあるから、風邪かしら?
夕食抜きで、オヤスミナサイ


ハム・バルジャン、B席があったので、観ることにしました。
4000円~


レ・ミゼ、2500回だそうです。
2000回を観たのはいつだったかな…


『ローマの休日』

『午前十時の映画祭』、以前は午前10時1回きりの上演だったのに、
最近は午後の回もあるらしい。
これは助かるなぁ。
なかなか朝10時に映画館には行けないから。

また、これが、通常の作品より客入りがいい。
下手したら、平日の昼間なんて貸し切り状態の時もあるから。

往年の名作を廉価で観られるのは嬉しいです。
安いDVDなんかも出てるけど、やはり映画館で観たいもの♪


ローマの休日、すごくよかった。
映画をちゃんと観たのは初めてだけど、東宝のミュージカルは忠実に作っているなと感じました。

まあ、大地真央とぐっちーだから、リピートしたいとは思わなかったけど。

そして私は、やはりあのカメラマン(アーヴング)が好き
舞台では宮川浩さんでした
もちろんグレゴリー・ペックも素敵(〃▽〃)
私は大男が好きなので

ヘップバーンは可愛かった。
初々しくて、綺麗で、チャーミングでした。

映画は、白黒というかセピアというか、色のない世界なのに、なんと色鮮やかなことか!
そして様々な技法で、目に見えないシーンを表現してしまう。

現代の、高度なテクニックで見せつけられる映像の、なんと押し付けがましいことか。
想像力の足りない人が、想像力の足りない人向けに作ると、そうなるのかなと思いました。


初めてじっくり観てみて、気づいたことがいくつか。
アン王女はイギリスの人かと思ったら、某国の人でした。
どこだろσ(~_~;)

そして、アメリカ英語ではあまり使わない(気がする)、
『ill』を使っていたこと。
『sick』と『ill』の違いについて、よく知らなかったので、
帰宅してから調べてみました。

簡単に言えば、『ill』は病気そのもの、『sick』は気分が悪いとか、不快だとか。
もちろん病気って意味もあるから、どちらを使うかは個人の好みもあるのかな

アメリカではあまり区別してないのか『sick』を使うことが多いみたい。
『ill』はかしこまった使い方とも書いてありました。

この映画はアメリカ映画だけど、アメリカ訛りのない女優として
オードリー・ヘップバーンが起用されたとか。
キングスイングリッシュではないものの、綺麗な言葉でした。


結末は分かっているのに、最後までワクワクハラハラの展開で、
お別れのシーンや、記者会見のシーンは
ほろほろと(:_;)
切ないねぇ…

温故知新。

流行りの3DとかVFXとか、最新技術に走るのもいいけど、
そんな技術の無い時代に、これだけの作品を作った先人たちの
心意気とか想像力とか、奥深い表現とかを見習うべきですね。


★★★★★


暖かくなって、らおが野良寝するようになりました。

埋まる。



おはよー。



穴。



ガーデン・シクラメンが咲きました




ぐったり

今日は病院でした。
追加の検査があったにせよ、5時間コースは流石に疲れる

CT、血液検査、腎機能(←改善!)は問題なし。
組織は来月結果を聞きに行きます。

追加検査は、甲状腺。
前から少し腫れてると言われていたけど、様子見になっていたもの。

多分問題ないけど、一応エコーをとるらしい。
これも5月。

せんせーが超美人さんだった
天は二物も三物も与えるのだなぁ。


変な天気

日曜日は、『チーム富士丸』の支援活動に賛同し、
ドッグフードを買い込み、発送しました。
飼い主と離れ離れになってしまったたちが
早くお家に帰れますように。

愛犬を虹の橋に見送って、早や15~6年。
ものすごく久しぶりにドッグフードを買いました。
とは言え、うちのワンコは高齢で、心臓の病を持っていたので、
いつも獣医さんで買っていたから、
最近の市販のフードは、どれがいいのか見当もつかず…

ということで、成犬用、高齢犬用を各5kgずつ、計10kgにして詰め合わせ。
普段5kgのお米も持たない私が、
10kgのフードを運びましたよ。汗だく

これっぽっち、焼け石に水だけど、現地の様子を見つつ、
また追加支援をする予定。


日曜日は暑いくらいだったのに、週が明けたらいきなり寒くなりました。

晴れていたと思ったら、突然土砂降りになったり
天気が変わるのが速い速い

今日は、真っ黒な雨雲と、むくむくな入道雲と、
見たことのないような変な雲が混じり合う、異様な空でした。


明日は病院…orz

お楽しみ

全国的に自粛ムードの中だけど、
やはり心の潤いは必要です。

禅ちゃんのFCから今後のスケジュールが来ました。
ほほぅ。久しぶりに大阪遠征かしら。

その前に、今公開中の映画『ガリバー旅行記』で
アフレコをやってるということなので、
早速、観に行かねば。



夜はバギクラを聴いていたら、
GLAYさん、大阪でチャリティイベントをやるとのこと。
これは大阪だけでなく、何カ所かでやるみたいなので、
楽しみにしておきましょう。



被災地のことを思うと、まだまだ心から楽しむことは難しいのだけど、
なるべく、いつも通りの生活をして、二次的被害を出さないようにすることも大事かな。

言ってみるもんだ

滅多に新聞折り込み広告など見ない私(主婦失格)と、
こまめに見る執事。

く◎寿司でワンピースイベント!ってチラシを見つけてくれたので、
早速、母を誘って行ってきました(執事は?笑)

先着順でポストカードを貰えるのだけど、
当然、『選べません』と書いてある。

そりゃ、そうだ。

けど、

言ってみた。

ゾリかサンちゃんだったら、文句なしなんだけど、
渡されたカードがウソプーだったので、つい。

「選べないんですよねぇ?」(上目遣い)


そしたら、レジのお姉さん、いいですよって

誰がいいですか?と聞かれ、
うっかりコックさんの名前を言っちゃったよ

次はゾリって言おうっと(こら)



あと一ヶ月

4月12日、レ・ミゼが開幕しました。
今の演出は今回が最後ということで、ファンとしては見逃せない公演です。

今日、FCからチケットが届きました
あと一ヶ月、わくわくしながら待ちます。

スペシャルキャストの日しかチケを取ってないのですが、
今回、かなり新しい人が加わっているので、
1回ぐらいは観てもいいかなぁと、マチソワで観られる日のキャスト表を見たら…

う~ん(-.-;)


ハムか。







早いもので

今日は父の七回忌法要でした。
身内だけなので、さくさくっと。

その後はこぐまとイチャイチャして、至福の時を過ごしてきましたよ


帰りに執事の実家にも寄り、ガサゴソガサゴソ…
いろいろ発掘してきたよ~(私信)


仙台空港が再開しました
当面、羽田と伊丹からの便しかないみたい。
早く完全復旧してほしいなぁ

あの日、荒れ果てた光景に呆然としたけど、
1ヶ月であんなに綺麗になるなんて…

ガレキの撤去作業や、滑走路の整備、
空港施設の復旧など、どれだけの人が関わってくれたのか
有り難いことですm(__)m





巨大ガーベラ

開幕

いよいよ、プロ野球の開幕です。
今年は震災の影響でスタートが遅れ、
いろいろな制限もあるそうですが、
とにかく始まりました。

本当ならホームでの開催になるはずだった開幕戦は、
横浜での開催となりました。

エース不在の我がドラゴンズ、
開幕投手は誰?と頭を捻っていたら、
まさかのネルソン!

実は、朝、執事とその話をしていた時に、ネルソンの名前が出ていたのです。
ネルソン、小笠原、河原、伊藤…
昌は1軍スタートかしら?と。
半ば、いや、完璧にジョークだったのに、
まじでネルソンですかー(笑)
俺流監督らしい采配でした。

残念ながら試合は負けてしまったけど、
開幕初戦を負けると優勝するというジンクスがあるので、
あまり落ち込んでないかな。

ヒーローインタビューで横浜の選手が泣いていました。
じ~んときたなぁ(:_;)


BSOは選抜でも採用されていたから、
まだ違和感はあるものの、じきに慣れるでしょう。


1ヶ月

3・11から、1ヶ月。
徐々に復旧の兆しも見えはじめた矢先の、
今日の余震。震度6って

ちょうど夕方のニュースで、仙台空港が再開すると聴き、
喜んだ直後だったので、余計に腹立たしく

自然のすることだから怒りの向け所がないのだけど、
ホントにもう勘弁してほしい。

ナマズに会いに行くと呟いてたHISASHI君、
よろしくお願いします。

福島の方たちは、さらに怒り心頭だよね。
お気の毒でならない。


ここ数日、地震メールも減ってきて、このまま終息するといいなと思っていたけど、
神様は意地悪だ。

今日は夕方から数分置きにメールが飛び込むたびに
気分が落ち込みます。
たいして揺れてない私がそうなのだから、
震源近くの方の心労は想像を遥かに超えるよね。

だれか、なんとかして下さい!


映画

いつ観たんだっけ。
カウントもできてないけど、メモっとかないと。

『英国王のスピーチ』

アカデミー賞作品賞受賞作品で、コリン・ファースが主演男優賞。
これは見逃せません。

吃音に悩む英国王が、それを克服し、国民から愛される王様になっていくお話。
実話だそうです。

肩書や地位ではなく、信頼とか信念とか、目に見えないものを信じられるか?
それが出来たら、新しい道が拓ける。
そんな風に感じました。


★★★★☆




『フォロー・ミー』

午前十時の映画祭という、昔の映画をリバイバル上映する催しがありまして。
一日一回、午前10時スタートで、一作品一週間のみの上映。
なので、タイミングが合わないと観られない、
かなり厳しいスケジュールなのですが…

どうしても観たいものは、なんとかして観に行きたいと思っています。

で、この『フォロー・ミー』は、どうしても観たかったのか?と言えば、
そういう訳でもなく…
どんなお話かしら?と解説を読んだら興味が湧いてきて。

チャールズ:マイケル・ジェイスント 
ベリンダ:ミア・ファロー 
クリストフォルー:トポル

主な登場人物はこの3人。

ミア・ファローって、名前は知ってたけど、観たことはなくて、
あとの二人は名前も顔も存じませんが、割と好み

特に、トポルさん。
あなた、マリオですか
魅力的なおじさまでした。

1972年の作品だそうです。
ということは、約40年前!?

確かに古い。ファッションはもちろん、風景も、画質も。
だけど、イマドキの作品にはない彩りとか、空気とか、風とか、香りとか…
温度まで感じるような、温かみのある映像でした。

イマドキのVFXなど、技術が進歩して迫力のある映像を作るならまだしも、
ただ手抜きで、チャラいだけだもの。


この作品は、ストーリーの展開も面白かったし、キャストも魅力的。
そして、全編が絵画のような美しさで、最後まで飽きさせない。

昔の映画は丁寧に作られているなぁ。


★★★★★


深夜に

また大きい地震が
震度6の余震って、酷すぎる。
昼間も気張って、疲れ果てて寝入った直後の人も多かったでしょう。
お願いだから、もう揺れないで欲しい。
ゆっくり休ませてあげてほしい。

せっかく復旧し始めた水道やガスが、また止まったり、
停電してたり。火事もおきてるみたい。

夜の地震は怖いと思う。
津波が来なくてよかった

いつまで続くんだろう。
早く安心して暮らせるようになってほしいなぁ



『塔の上のラプンツェル』

綺麗
これなら3D料金を払っても惜しくない。

しょこたん、上手い!
歌は小此木麻里さん。
彼女がまためちゃくちゃ上手い

そして、マキシマス。
最高

これは映画館で観て欲しい作品です。


★★★★★

『ツーリスト』

アンジェリーナ・ジョリーと、ジョニー・デップ。
豪華な共演です。
内容は興味無かったけど、この顔合わせは観ておかねば!

普通に人間やってるジョニデを初めて観た。
なんだ、可愛いじゃないの
船長や帽子屋さんな彼がデフォルトだと思っていたから、
まるで別人のように感じるけど、なかなか

アンジーは、キツい顔立ちに派手なメイクだから、
クールなレディのイメージだったのだけど、
微笑んだ時の瞳がとても優しくて、
実はとても表情豊かな人なんだと初めて知りました。

パリやベニスの町並みが美しく、自分も旅行してる気分
ご丁寧にパリではフランス語、ベニスではイタリア語なので、
字幕が英語と日本語、2段で出るので忙しかった

そして、ストーリーは…
まさかの結末に、あらららら…orz

何のヒネリもないのね?
展開は見えてたけど、もう一ひねりあると思ってました。

◎曜サスペンス劇場の方が面白いわ。観ないけど。

納得いかない~ヾ(`皿´)ノ


★★★☆☆(2.5)
アンジーの美しさに、0.5おまけ



4月に入り

ゴミの回収日がガラリと変わり、
生協の配達日も変わり、
ちょっと混乱しています。

今までは可燃ゴミの日と生協の日が同じだったので、
ゴミ出しついでに生協をBOXから回収してくるという
一石二鳥な感じだったのが、
今月からは資源ゴミの日も別になってしまったので、
日曜以外、毎朝、下まで降りて行かなきゃならない…orz

めんどくさ~い(>_<)


そして、母がお仕事を引退したので、朝のアッシーが無くなりました。
元気でよく働いたなぁ。
今後はボケ防止に、何かやりたいらしい。
新しいお友達でも出来るといいのだけど。

そんな、新年度の始まり。


ウソップン、
誕生日おめでとうン