スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブッダ』

正式には『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』
というタイトルでした。


どこから突っ込めばいいのか…
結論から言えば、これだけ期待外れな作品は、
滅多にお目にかかれない、かな。

手塚作品でなければ、ここまでガッカリもしないだろうけど、
タイトルにも、『手塚治虫の』とうたっているし、
『手塚治虫のブッダ』と言えば、手塚先生が長い年月をかけて描きあげた超大作と、
多分日本人なら大抵の人は知ってるはず。

作画は、予告を観た時点で既に諦めていたので、
どんなに手抜きでも、どんなに歪んだデッサンでもスルーと決めて。

原作は読んでいないから、自分が知っている限りのブッダの生涯を思い出しつつ観ました。

史実と違うとか、原作と違うとか、それはちょっと置いといて…


(続く)


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する