スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ノバ・ボサノバ』

宝塚 星組公演

ミュージカル・ショー
『ノバ・ボサ・ノバ』-盗まれたカルナバル-

ロマンティック・ミュージカル
『めぐり会いは再び』


中日劇場 15:30~
2階 1列 11番


柚希礼音君は、身長があって、脚が長~くて、
ダンスが上手くて素敵でした
スターのオーラがある方だなぁ。
さすがTOPさんです。

夢咲ねねさんは可愛い方でした。
誰かに似てるな…と思ったら、
神田沙也加だ。


他に、これは!という方が見当たらず、
れおん君頼みと言われるのも無理はないなと思ったり。


お兄様と侍女の方は良かったな


ノバ・ボサノバの方で、ピエロの役だった3人のうち、
1人がとてもリズム感が良く、ダンスが上手かった

ピエロになる前には、普通の格好で出ていたのだろうけど、
残念ながら顔も名前もわかりません

最初の方で、たくさんで踊るところの、
4人グループ(男役)の先頭だった方もナイスでした。

小柄な方だし、同一人物かしら。
ピエロさんが娘役の方なら、違うかな。



ノバ・ボサノバの方は、何が何だか解らないうちに終わってしまい、
残念ながら、響くものがありませんでした。

あ、クズを集めるシーンは面白かった
れおん君の名古屋弁、なかなか上手かったですよ。
少なくとも、TERUさんのアヤシゲな名古屋弁よりは遥かに(笑)


長年、繰り返し繰り返し上演されている作品で、
私でもタイトルは昔から知ってる。

ミュージカルショーだから台詞が無いのかしら。
パンフレットを見なければ内容が把握できないのは、
如何なものか…と思ったり。

多分、オチが無いまま終わってしまったのが
今ひとつ消化不良に感じるんだろうなぁ。

壮大なテーマがあるのに読み取れなかったのだとしたら、
非常に申し訳ない。
感性が鈍っていたのか、相性の問題かな。


後半のお芝居は面白かったです。
複雑で、単純で、結末は見えているのだけど、
いや、見えているからこそ、駆け引きが面白い。

れおん君の魅力が余すところなく発揮されていました。

ねねさんも可愛かったし、ツンツンなお兄様もよかった。


ただねー。。。

平井堅はねー。。。


オリジナルの曲たちの中で、あれは浮く。

私的には、台なし。


Life is... は好きです。
れおん君の歌は、平井堅より上手い。


でも、あそこには合わない。
要らない。


それだけが残念。


作品自体はメリハリも効いてて、
テンポも良くて、満足です。


オラクルの実に反応してしまいました。
どんな実だろう?というより、
オラクル屋のオジサンを思い出しちゃった




宝塚と言えば、きりやんが名古屋にいらっしゃる
と喜んでたら、その日、私が名古屋に居ないわ…orz


月組公演
『我が愛は山の彼方に』
『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』

11/22~23って、どんぴしゃりじゃないか



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する