スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『はやぶさ/HAYABUSA』

2003年5月に地球を飛び立ったハヤブサが、
2年後、小惑星イトカワに到達。
サンプルを採取して地球に帰還する予定が、
数々のトラブルに見舞われ、
7年後に奇跡の帰還をするまでのドラマ。

って簡単に言ってしまっては失礼だな。

ハヤブサに関わった人達の人生や、
見守ってきたたくさんの人々の人生、
そして暗闇を飛びつづけたハヤブサ自身の
諦めない心が素晴らしかった。

もちろんハヤブサには人格はないのだけど、
リアルタイムで燃え尽きる様を見た時の感動が、
そのまま映画に表されていました。


正直、ドキュメンタリーを越える感動なんて
感じ得ないのではないかとタカをくくってました。

ごめんなさい。素晴らしい作品でした。


竹内結子と西田敏行って、
金縛りかよっ!と思いましたが、
どちらも好きなアクターなので問題なし。

佐野史郎や鶴見辰吾が、久々にいい人だった(笑)
佐野史郎は冬彦さんのイメージが強すぎて

生瀬さんのオタクっぷりもよかった


★★★★☆


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する