スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BLUES IN THE NIGHT』

よかったです

何がよかったって、なんと林アキラさんがご出演だったの!(そこ?)


このミュージカル、キャストはたった4人で、
モリクミちゃん、わたるさん、
ジェロ、AKBの子(Wキャスト) だけ。

客席もオケピなしだし、音楽が生だなんて想定外でした。


が!

アキラさんがバンマス(ピアノ)で、ベース、サックス、
トランペット、パーカッションのジャズバンドがステージ上で生演奏だったの~


異様に舞い上がる私と妹(笑)


モリクミちゃん、わたるさん、アキラさんの3人で舞台は回っていました。

まさにプロの迫力
素晴らしい!
ブラボー!
スタンディングオベーションでした


とにかくモリクミパワーがハンパなかったです。
今まで、名脇役として素晴らしい演技、
そして歌を聴かせてくれたけど、
この作品では主役!
歌って踊って、アドリブ満載で笑わせてくれて、
正に本領発揮と言ったところかしら。

あんなにゲラゲラ笑うミュージカルも珍しい。

場所柄?お年寄りが多くて、ウケるタイミングが若干ズレてたけど(笑)


そして、わたるさんの美しいこと

びゅーてぃほーなレディなのだけど、
そこはかとなく香るオトコマエな空気

白いドレスで、大股開きなんて、しちゃダメですよー
ああ、かっこいい


アキラさん、ただのピアノマンかと思ったら、歌も台詞もあるの!

出演者として名前が出てないのがおかしいくらい。
因みに、他のみんなは名前は無いのだけど、
何故かアキラさんだけ、名前がありました


ジェロは、歌は上手いのだろうけど、
まず芝居が出来ない。
そしてビックリ!踊れない

台詞は噛むわ、小道具は忘れるわ、
ブルースが演歌調に聴こえるわで
ちょっと残念な感じでした。

ブロードウェイの初演では、グレゴリー・ハインズが
振付スタッフだったらしい。
ということは、オリジナルでは、ダンスやタップのシーンがあるのだろう。

もしジェロが踊れる人だったら、
ダンスシーンもあったのかも。
人は見かけによらないものだなぁ


AKBの子は、思っていたよりは歌えるかな。
ただ、声は出るけど、発声はめちゃくちゃ

秋葉原のステージや、1/48の時はあれでもいいだろうけど、
まともなお仕事では通用しない。

今回、とても良い経験をしたのだろうから、
これを機に、ちゃんと歌や芝居のお稽古をするといい。
そこまでの向上心は無いかしら…


2列目、上手で、若干見切れる席だったけど、
麗しのわたるさんが、すぐそこに、何度も


楽しい舞台でした。
再演しないかなぁ


初☆御園座は、なかなか居心地の良い劇場でした。



『BLUES IN THE NIGHT』

LADY:森公美子
WOMAN:湖月わたる
GIRL:片山陽加・佐藤亜美菜(AKB48)Wキャスト
MAN:ジェロ

クレム:林アキラ




コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する