スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走

12月に入りました。
今月もあっという間に走り去るのだろうな。

昨日、一昨日とプールでのしのししたら、
やはり体調は良いのだけど、疲れが抜けない。
ちょうど定期券が今日までなので行きたかったけど、
無理は禁物、ということで、お休みしました。

そしたら、うっかり整形外科の予約までスルー…
電話したら今からでもとのことだったので、
ダッシュで行ってきました。

だって、明日のためにテーピングしてもらわないと
安心して暴れられないじゃない?(大人しく参戦する気はないらしいw)

仙台遠征の時ほどではないけど、
きっちりテーピングしていただき、
マッサージもして貰って、これで明日はバッチリ

だといいな



帰宅したら、友人から喪中葉書が届いてました。

今年は多いな…
どなたが亡くなったのかしら、と文面を読んだけど、
ただ、喪中としか書いてない。

しかし、差出人は、友人と、二人の娘ちゃんの名前のみ。


ショックでした。

今までは、祖父母や親世代の訃報が殆どだったのに、
まさか友人の連れ合いが鬼籍に入るなんて…


今年の初めか春ぐらいに会った時に、
病気で自宅療養中とは聞いていたけど、
そんなに悪かったとは思わず、ただ、お大事にねとしか言わなくて。


すぐに電話してみたら、9月に肺ガンで亡くなったとか。
4年前に脳梗塞で倒れてから、ずっと看病してきたようです。

詳しいことは、また今度会った時にね、と泣きながら話すので
こちらももらい泣き。


いつまでも泣いてちゃいけない、元気出さなきゃ、
そう思ってるみたいで、胸が痛かったです。

弱音を吐かない子だから、食事会で会っても、そんなそぶりも見せずにいたのだな。

今思えば、おかしいこともあったのだけど、
その時は気づけなかった。ごめんね…


長い付き合いの仲間だから、元気になるまで気長に待って、
また笑顔で集まれる場を設けようと、
それまでは静かに見守ろうと、他の仲間と決めました。


仲良し夫婦だっただけに、本当にショックでした。

救いは、二人の娘ちゃんが成人していることかな。

下の子がたしか今大学4年生だから、
安心して旅立てたかな…と思います。

でも早すぎる。




コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する