スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ・カルチャーショック

今日、ベビー用品売り場にて、
おむつカバー(95cm)を探していました。

1軒目、おむつカバーらしきものが置いてない。

2軒目、同じく、見つからない。

たまたま紙おむつの品だしをしているスタッフ(男性)が近くにいたので、
おむつカバーは置いてませんか?と尋ねたらば、

「おむつカバーって何ですか?」


えぇぇっ!?


そりゃ、あなたが今、手にしているのは紙おむつだけど、
ベビー用品扱ってるなら、布おむつやおむつカバーぐらい知らないかい?


まあ、売り場の人ではないみたいだし、
知らないものは仕方ない。


お礼を言って、もう一度売り場を見ていたら、
どうやら売り場担当の人を呼んできてくれた模様。
青年、いいトコあるじゃないの。


さて、売り場担当者に尋ねてみたのですが、
おむつカバーに95cmは無いとのこと。

言われてみれば、95cmって2歳半~3歳ぐらいなのかな。
おむつ自体、不要になってくる年齢だ…


しかし必要なのは、やはり95cmなのよー!


こうなったら、ベビー用品専門店に行くか、通販か二者択一。

結局、密林で購入したわけですが、
やはり最近は紙おむつが主流なのかな。

売り場に、布おむつも無かったような気がする。

ベビー用品に縁が無くなって、かなりの年月。
ベビちゃんを取り巻く環境も随分変わってるんだな…と
軽くショックなのでした。



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する