スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1:『ニューイヤーズ・イブ』

今年初の映画でした。
年末年始、観たかった作品がいくつかあったけど、
全てスルーしてしまったなぁ


これは、久しぶりに時間が取れたので、映画でも観よう♪と
映画館のサイトを覗いていて見つけた作品。


ニューイヤーズ・イブ、つまり大晦日に、
8組の恋人、夫婦、親子に起こる軌跡。

大晦日、新年を迎える喜びとともに、
すれ違ったり、やり残したり、諦めたりしてきたことを、
ふと立ち止まって振り返る。

リセットする前に、まだ間に合う、諦めないでチャレンジする、
間違いを正し、見つめなおす。
困難を乗り越え、絆を結ぶ。


8組の男女が、最後にどうなるのかわくわくしました。

登場人物が多くて、収拾がつくのかしら?と思ったら、
まあ、ちょっと都合よすぎる感はあったものの、
納得のいくラストでよかった

しかし、キャストが豪華!豪華すぎる!

ハル・ベリー/ジョン・ボン・ジョヴィ/アビゲイル・ブレスリン/ロバート・デ・ニーロ/ザック・エフロン/キャサリン・ハイグル/サラ・ジェシカ・パーカー/ミシェル・ファイファー/ヒラリー・スワンク

主役級、いや、主役ばかり!
そして、ぼんじょび~
まさか、BON JOVIが出てるとは
かっこよかった~

ジェームズ・ベルーシ(ジョン・ベルーシの弟♪)は何処に出てたのかしら


タイトルどおり、年末に観たら、もっとよかったかな。

でもギリギリ滑り込みだったけど(上演明日まで)出会えてよかった作品でした。



因みに、ボール・ドロップというカウントダウンイベントは、
マンハッタンのタイムズスクエアで、
毎年大晦日に行われる恒例のイベントだそうです。

巨大なクリスタルのボールが、11:59にポールを滑り落ち、
A HAPPY NEW YEAR!とともに紙吹雪が空を舞う、
素晴らしくロマンティックなイベントみたいです


クリスマスじゃなく、ニューイヤーズ・イブだからこその
説得力みたいなものを作中に感じました。


文句なしの
★★★★★


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する