スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2:『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』

2日連続の映画鑑賞は、腰に来る…orz

それはさておき、戦争を知らない世代としては、
ちゃんと知っておかなければいけないと思い、
スティッチと一緒に観てきました。

少し前に、お友達と映画を観に行くと言っていたスティッチ、
本人はこの作品が観たかったらしいのだけど、
お友達がミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルを観たいと言ったとかで
それにお付き合いしたそうな。
感想は、「トム・クルーズはかっこよかった」(だけ?笑)

イマドキの若者のくせに、戦争物が観たいと思うなんて、
どんな心境なのかしら?と思ったり。



さて、山本五十六さんと言えば、歴史上の人物であり、
太平洋戦争の時に活躍した軍人さん…程度の知識しかなくて、
改めて、私は何も知らないんだなと痛感しました。

太平洋戦争の口火を切ったとされる山本五十六という人物は、
帝国陸軍や、世論に躍らされる民衆の暴走を止めることが叶わず、
早期決着(講和)に導くために最善を尽くした方だったようです。

勝てる見込みも無いのに、勝手に戦争を仕掛けて、負けた日本。
真実を伝えるべき新聞は、軍部や、間違った使命感に燃えた記者達によって
何も知らない国民に、ありもしない勝利を信じさせた。


この状況、今の日本と共通してない?


この作品は、戦争そのものと言うより、
山本五十六さんの人となりを描きながら
実は現代日本を風刺しているのではないかしら。

山本さんに纏わるエピソードの数々は、
私の持っていた山本五十六像を大きく変えたけど、
あの淡々と進む空気の中で一番印象に残っているのは、
いつの世も、国民は真実を知らされてないということ。


昨年の東日本大震災、地震・津波は天災だけど、
その中でも人災と言わざるを得ない部分も多いし、
その最たるものは原発で。


あの、愚かな戦争を始めて、たくさんの命を失った日本。
今、同じことをしているんじゃないのか?


山本さん(役所広司)が新聞記者(玉木宏)に言ったことば、
「広く世間を見なさい。目を、耳を、心を開いて」だったかな。
今の私達にも、とても大切なことだと思ったのです。



作品全体的には、山本さんがちょっと美化されすぎてる?
そのあたりは原作を読むなり、もう少しリサーチしてみたいな。

その他のキャストも、実力派ばかりで良かったです。

VFXは、あからさまな手抜き感は無かったものの、
いや、むしろ上手く画像処理してあって、
やれば出来るじゃん!と思ったけども、
戦艦や戦場の臨場感は薄かったかな。

ってことは、明らかにおかしいVFXを、ヨシとしてる監督って…


EDに流れる曲が、なんだか違和感があり、
どなたの声だろう?と思ったら、
まわたいろしたしくらめん…の作者の方でした

ん~、合わない。


■キャスト■
役所広司/玉木宏/柄本明/柳葉敏郎/阿部寛/吉田栄作/椎名桔平/益岡徹/袴田吉彦/五十嵐隼士/河原健二/碓井将大/坂東三津五郎[10代目]/原田美枝子/瀬戸朝香/田中麗奈/中原丈雄/中村育二/伊武雅刀/宮本信子/香川照之



★★★☆☆



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する