スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エドワード8世』-王冠を賭けた恋-

宝塚大劇場でびうが、きりやんのさよなら公演とは
しかし、そうでもなければ、なかなか足を運べない所です。


月組ミュージカル
『エドワード8世』-王冠を賭けた恋-

デイヴィッド・ウィンザー:霧矢 大夢
ウォリス・シンプソン:蒼乃 夕妃

ガイ・バージェス:龍 真咲
ゴドフリー・トーマス:明日海 りお


予習をしてなかったので新幹線の中でチラシを斜め読み。
そしたら、『キングス・スピーチ』の、お兄さんのお話じゃないの
映画では、遊び人で無責任な人に描かれていたけど、
それを、愛に生きた…と言い換えたら、確かに宝塚向きだわと納得。

お芝居は、途中でたまに睡魔に襲われましたが(笑)
きりやんの魅力がちりばめられていて素敵でした。

ブリリアントステージ
『Misty Station』
-霧の終着駅-

ミスティ~ステーション~
で、いきなり泣けてきました。
きりやんの、これまでの旅、これからの旅。
幸多かれと願います。

ショーの途中で銀橋から下手通路に降り、
真ん中通路から下手ドアまで走り抜けるきりやん!
ほんの3mぐらいの至近距離でしたo(≧▽≦)o
びっくりした~
もっとびっくりしたのは、目の前を駆け抜けたきりやんが、
あっという間に衣装を変え、ステージのセンター奥に登場
速っ!

ああ、勿体ないなぁ。巷では女の子になっちゃうんだろうなぁ
近かったらリピートしたい。

22列44番という、素晴らしいお席で、初大劇場を堪能いたしました。
チケット手配や、道案内など、友人にはお世話になりまくりました。
感謝です。
また行くチャンスがあるかしら?


10数年ぶりに行った宝塚は、ずいぶん綺麗になっていました。
旧花の道の景色は記憶にあるな。

駅から距離があったり、新大阪からは2回乗り換えないと行けないのが不便だけど、
慣れてしまえば問題なさそうです。

いやいや、宝塚に通うような事態に陥りませんように(笑)






帰りは、新大阪で友人と別れ、西の姫ズとおデートでした
せっかくの休日、お付き合い下さってありがとうございました








コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する