スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイーン・ミュージカル・コンサート

M.クンツェ&S.リーヴァイの世界 ~2nd Season~

中日劇場 13:00~

山口祐一郎、一路真輝、井上芳雄、新妻聖子、
石川禅、土居裕子
スペシャルゲスト=パトリック・シュタンケ


『エリザベート』、『モーツァルト』
『マリー・アントワネット』、『レベッカ』の中から、
ハイライトで何曲かずつ歌う形式。

第1幕は、それぞれのオープニング曲から始まりました。

暗転になって、きーん…と聴こえた瞬間、
あ、エリザ!と(笑)

冒頭のルキーニと裁判長の台詞は、
初演版の初日、高島兄と治田さんのお声だとか。

モーツァルトとマリー・アントワネットは観てないので
まったく知らない曲ばかり。

レベッカの『夢に見るマンダレイ』、
ああ、この曲好きだったなぁ


それから司会の武岡さんという、面白いおじさんが出てきて
実に面白いMCをなさるのです。

まるで昭和の歌謡ショーみたいな(笑)

この方、最後まで面白かった


オープニング曲の後、いよいよ本編の始まり。

『レベッカ』
禅ちゃんはクリーム色に細いチェックの柄のベストとパンツ。
気になる髪型は、おお!可愛い
七三分けにして、長めの前髪はくねくねパーマ。
似合ってました

『マリー・アントワネット』
先程の出で立ちの上にジャケット。
ふむ、スリーピースなのね。
普段観ない感じの衣装なので新鮮v

もし僕が鍛治屋だったら…
ほろり(:_;)


第2幕
『モーツァルト』
ここで井上君登場。
ミーマイとか三銃士とかメジャーな作品に出てるのに
今まで観る機会がありませんでした。
音大出だそうで、歌は上手いとか。

うん、上手いし、よく声が通るなぁ。
でも好きな声じゃない。

そして、なぜジーンズ?
みんなそれなりに正装してるのに。

ジャケットを着てるにしても、ジーンズとTシャツは…

禅ちゃんはタキシード。
ちょっとサイズが合ってないかな
少し痩せたかしら
ここでもパパの歌。

『エリザベート』
一路エリザ降臨。
なのだけど、声がイマイチ出てない。
あのオーラはどこへ?

『夜のボート』は、やっぱり泣く
お芝居の中じゃないのに、一瞬にして入り込めました。
ああ、悲しい(ノ_・。)

ゲストのパトリックさんが、とにかく上手い!
某Gっちーの歌った曲をパトリックも歌ったのだけど、
まるで違う。完全に喰われてました。

パトリックはルキーニの歌も歌ったし、
今回、一番拍手を貰っていたんじゃないかなぁ


エリザの後は、モーツァルトのエンディングで締め、
一応本編はおわり。

カーテンコールの後、スペシャルアンコールとして、
東日本大震災で亡くなった方に捧げる、
モーツァルトのレクイエムを披露。
レクイエムと言えば、A藤美姫が思い出され、
いやいやっ!と頭から追い出し、聴きました。

これも涙がほろほろと(:_;)

被災地の空に届いたでしょうか。

メインキャストではない、カンパニーの12人と、
井上君、土井さんのコーラスでした。

土井さんが「モツレク」と言ってしまったことで、
台なしになりましたが
(モツレクってB級グルメみたいねって、KYな

そして、名古屋千秋楽ということで、
舞台挨拶がありました。

例によって、某Gっちーがくだらない喋りをダラダラと

あれ、ファンは喜んでるのだろうけど、
不愉快極まりない。

でも。半分ぐらい、この人のファンかしら。
この人のおかげで名古屋も飛ばされないのかしら。
と、ひたすら我慢。


2時間半の予定が、大幅に延長して、
終演が16時過ぎてました。

でも、パトリックの素晴らしい歌声を聴けて、
我慢した甲斐があったというものです。

彼はショーストッパーだったな
拍手が鳴りやまなかったもの


ここで各キャストの感想を。
■一路真輝:ちょっと歳とったな。
音外したり、ロングトーンが不安定だったり。
若手に負けてました。

■井上芳雄:評判通り、上手いと思うけど…

■新妻聖子:ますます上手くなってる。
エポニーヌより、キムのイメージ。
艶のある声、ど迫力でした。
ミス・サイゴンが楽しみ

■石川禅:禅ちゃん、なんでこの位置?
失礼じゃない?
それはさておき、いつもの、まあるい声、
よく響いてました。
ジェームス・ボンドな禅ちゃん、素敵でした

■土居裕子:お名前はよく知ってるけど、
多分、初めてだな。
声はいいし、歌も上手い。
KY気質なのかな?ちょっと残念。

■パトリック・シュタンケ:
彼はドイツ語と英語、井上君やカンパニーは日本語だったけど
素晴らしいパフォーマンスでした。
惚れ惚れした
今日のチケット代、プラスマイナス、プラスでした


劇場で待ち合わせた友人と、その友人は、
二人ともGっちーファン。

幕あいに語っていた感想が、意味不明でした
声量があるとか、いろんな声が出るとか…
Gフィルター、恐るべし


終演後、エリザが聴きたくなり、
帰宅してCDを聴いたのだけど、
当時のGっちーは、まだ声が出てるのよね。
なんであんな口先だけの、喉を締め付けるような歌い方になったんだろう。

一路さんも、また当時のような声量で
オーラを振り撒いて欲しいな。


そして、エリザの1000回記念公演が、
中日劇場、8/4(土)マチネだそうです。

その回、禅ちゃんは出ないので、FC先行がありません
そして、毎年恒例の、花火大会の日です。

どうしよう…


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する