スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる瀬ない

食事中にモフままから電話があり、
長電話しているうちに執事が帰宅

我々は最近知ったのだけど、
昨年、モフモフ君の本が出ました。
赤の他人様が書いたのです。
それが、ちょっと気になっていたので、
モフままか弟妹ちゃんに尋ねようと思っていた矢先だったので、
ついつい長電話になってしまいました。

結論から言えば、ご遺族はお怒りでした。
真実ではないことを書いているわけではないけど、
まるで解ったような、勝手な見解で書いているらしい。

本当の彼の心を解っている人が読んで、
心配して、モフままに電話をかけてきたとか。

ご遺族は読んでないそうです。
送ってきたけど、封も開けてない、
読む気はないんだそうです。

そんな、遺族の了解も得られないものを
出版なんかできるのですか?と尋ねたら、
言論の自由なのだそうです。

そうか、誹謗中傷とか暴露本とか、
堂々と売ってるもんな。


前からゆっくり話しをしたい、モフモフ君の前(東京の実家)で、
話しを聞いてほしいと言われているのだけど、なかなか行けなくて

でも、今日話しができて、少し気が楽になったと言われました。

一度おまいりに行ってくるかなぁ

武道館当たったら、ついでに(おい)



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する