スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9:『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』

1960年代、アメリカ、ミシシッピ州を舞台に、白人家庭で働く黒人女性の置かれた境遇に焦点をあて、彼女らの証言をもとに、ジャーナリストの卵の女性が一冊の本『HELP』を書く。

証言することによって、命を脅かされたり、職を失ったりする危険があったにも拘わらず、勇気をもって立ち向かい、社会を少しずつ動かしていくきっかけになった。


不思議だなぁ。
黒人が不潔だとか、病気がうつると言って、食器やトイレまで使わせない白人が、自分の子どもの世話は任せっきり、料理も任せっきり。

矛盾してるじゃないの

あの時代のことを知らない世代には衝撃的かな。
私は卒論が黒人文学だったので、こんな甘いモンじゃないよなーと思いながら観ていました。

BGMが、ゴスペルちょこっと、50's、BOB DYLAN、and so on…
纏まりが無いと言うか、もう少し捻りがあってもよかったような

しかし、全編に流れるテーマ『courage(勇気)』がよく伝わる作品でした。


★★★★☆(3.5)

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する