スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13:『ファミリー・ツリー』

ジョージ・クルーニー主演。
この作品、アカデミー賞候補でしたね。

・奥さんの事故⇒植物状態⇒尊厳死
・子育てを奥さんに任せきりで疎遠になっていた子どもとの関係修復
・奥さんの浮気問題
・祖先の土地の相続問題
・義母の認知症


などなどが絡み合うストーリー。
舞台がハワイじゃなかったら、昼ドラだな。

かなり重いテーマながら、ハワイの空気が、その重さを感じさせない。

ジョージ・クルーニーが、いいパパでした。
娘2人と、長女の男友達、イマドキの小憎らしい子なんだけど、
いろいろな思いを抱えて、親が思っているより、しっかりしている。

『家族』のあり方は、100家族あれば100通りだけど、
やっぱり、寄り添うことが大事だなと思います。

そんなことをしみじみ感じながら、
ハワイって、常夏の楽園=天国のような所ってイメージがあるけど、
そこに住んでいる人達は、やはりそこで真剣に生きているわけで、
決して何の苦労も悩みもない天国ではないんだと気づきました。

全編にハワイアンが流れ、心地好い時間でした。

邦題が『ファミリー・ツリー』
原題が『The Descendants』
Descendantsって、どういう意味だっけ?と頭の中でぐるぐる
『子孫』という意味でした。

この『子孫』は、相続に絡んでくるテーマで、
ちょっと複雑なのですが、
だからと言って、タイトルになるかなぁ?と思ったり。

ファミリー・ツリーもなんだかセンスないけど、
まあ、どっちもどっちね


★★★☆☆


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する