スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16:『幸せへのキセキ』

邦題、センス無いなぁ。
しかし原題は“We Bought a Zoo ”だから、
どっちもどっちか(笑)

ただ、『幸せの~』とか『奇跡』とかは、ありがちなので、
その作品のイメージが、すっと浮かばないのだな。
“We Bought a Zoo”は、まんまだし、
その台詞も何度か出て来るからイメージ直結。

どちらも、もうちょっとセンスいいタイトルだといいな。


ストーリーは、奥さんを亡くした男が、引越先を探して、
最後にたどり着いたのが、動物園付きの物件。
動物園の再建と、心に闇を抱えた子どもとの関わりに奮闘する父親。
次から次へと降りかかるトラブルを乗り越え、
子どもとの繋がりも取り戻し、
動物園を再スタートさせるというお話。

実話を元にしていて、実は前日にアンビリーバボーでやってたのを
しっかり観てしまったのですよ

だけど、細かい設定が違っていたり、
他のエピソードが織り込んであったりで、
映画作品として、面白く仕上がっていたと思います。

マット・デイモンがパパ
素敵すぎるわ
息子役のコリン・フォード君が、プラピを若くしたような超イケメン

キャストが個性的で、好感度高かったな。
動物のシーンも迫力があって、 ほのぼのロマンスもあって。

そして奥さん・ママの死をきちんと受け止めて、
再スタートするシーンが感動的でした。

何かを始めるのに、理由は要らない。
“Why not?”(いけない?)

20秒の勇気を持って、行動したいと思いました。


★★★★☆(4.5)


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する