スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベート

1000回記念公演

中日劇場 12:00
1階20列5番

エリザベート: 春野寿美礼
トート: 山口祐一郎
ルイジ・ルキーニ: 高嶋政宏
フランツ・ヨーゼフ: 岡田浩暉
ゾフィー: 杜けあき
マックス: 今井清隆
ルドルフ: 平方元基

マダム・ヴォルフ: 伊東弘美
ルドヴィカ: 春風ひとみ
エルマー: 岸祐二
ヴィンデッシュ: 河合篤子
リヒテンシュタイン: 小笠原みち子
シュヴァルベェンブルグ: 阿部裕
ツェップス: 大谷美智浩
グリュンネ: 治田敦


「1000回記念公演が観たい。」
T美さんが、そう言わなければ、絶対観なかった公演(笑)
そもそもチケットが取れない。
Gっちーファンが、FCで手配してくれなければ、
手に入らなかったでしょう。
自分は他の日を観るから、と譲ってくれた友人に感謝。

もう一枚は、あらゆる先行に落ち、一般でやっと取れたチケット。
こんなに苦労して取ったのに、そんなプレミアムだとは知らず、
偶然来た人が多いこと
理不尽だわ(笑)

本編の後、特別カーテンコールがあり、
初演から出ているキャスト(高嶋さん、伊東さん、河合さん、治田さん、さけもとさん、Gっちー)が登場。

初演の映像も流れ、小池先生や、裏方さんも紹介され、
サプライズで一路さんも登場し、暖かいお祝いの会になりました。

特別カーテンコールの途中で出てきてしまったので、
最後はどうなったのか判らないのが残念。


さて、エリザ本編。マイナーチェンジがあったり、
今日は時間の都合なのかか、若干早口だった気がする

キーヨぱぱ、勿体ないわ~
出番が少ない!ふまーん!ふまーん!
もっとあの美声が聴きたい!

岡田君は、イマイチ…orz

杜ゾフィ様、そんなにキーキー怒鳴らなくても(-.-;)
まだ威厳が感じられませんな。

ルキーニを始め、脇のベテラン勢は素晴らしいです。
岸君がカッコよかった

春野エリザは、まだなんとも…
歌が上手い方なのかしら?
高音が金切り声になるのが残念。
ちょっと痩せすぎで、ドレスの胸元が美しくなかったなぁ

Gっちーは、相変わらずだけど、珍しく真面目にやってました。
やれば出来るじゃないの。

挨拶の時、「いつも半人前ですが、最近は三分の一人前で…(笑)これからも頑張ります」みたいな挨拶でした。

トリプルキャストになったからって意味でしょうが、
いやいや、ホントにさ…と思い、冷ややかに聞き流しました。

だって、初演のGっちートートは、いい声でしたよ。
あれで惚れた人が多いんじゃないかしら。


全体的には、つまらない舞台でした。

私的に萌えポイントが皆無ってこともあるのだけど、
まだ練れてない、役になりきれてないのかな。
エリザで寝そうになったのは初めて。

周りの方、少なくとも両隣はFCの方だと思うのだけど、
みんな舟漕いでましたよ


次は、マテさん、ラストは石丸さん。
そして禅ちゃん、禅ちゃん

楽しみ~






カーテンコールを最後まで観ず、ダッシュで地下鉄に乗り、
予定通りの名鉄特急に乗ったら、
まだ交通規制前だったので、バスに乗り…

乗り間違えた…orz

経由が違うバスに乗ってしまったので、
途中で降りて、てくてく歩いていたら、友人とばったり!

会社で観るよう、誘ってくれたけど、
娘達の浴衣を着せなければならなかったので、
残念ながら辞退。

結局、3人目の娘(いつの間にw)は7時過ぎてしまい、
ホテルまで辿り着けなくて、諦めたようです。
自力で着れたのかな。

娘ズは、着替えた後、7時までは待ってたけど、
メールも電話も通じなくなったので、諦めて出かけました。

正真正銘、ホテルで一人だったので、のんびり観てたら、
桟敷に居た執事がちょこちょこ帰ってきて、うっとうしかった…

花火は、なんと途中で25分も中断。
今までこんな経験ないなぁ
ホテルに居るとアナウンスは聴こえないので、どうしたのかと思った

すべてコンピューター管理だから、
一つ止まると全部止まっちゃうのね。
矢作(川下の別会場)はサクサク上がっていたのが面白かった





交通規制が解除され、渋滞が緩和されてから帰ったので、
に着いたら0時過ぎてました。

執事はそのままホテルにお泊り


GLAY@長居が終わり、花火も終わり、
今年の夏は終わった感じ。
早く涼しくなってほしいです。




コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する