スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20:『おおかみこどもの雨と雪』

観てきた(笑)

ツッコミ所が多過ぎて、観ていて疲れた。

結論から言うと、ぽにょほど酷くはなかった。
ぽにょは最悪。
でも、同じ匂い。
ジブリに激似だし。


あんな無責任で無知な母親が、
理想の母親だなんて、ありえない。

絶滅したはずのニホンオオカミの死体はゴミ扱いですか。

生まれたての、首も座ってない赤ちゃんを
だっこ紐で縦だっこ?
赤ちゃんの目の前でアイロンがけ?
異物を食べたのに、病院を迷うか?

貯金がいくらあったか知らないけど
引越し費用とか、その後の生活とか、
やっていけるわけないでしょう?
畑は、一日でそんなに耕せないよ。
しかもドシロウトが。
廃屋の屋根の修理なんか無理!

どう見ても昼間なのに、こんばんは…?

夏前の給食に、みかんは出ない。

警報が出て、一番風雨が酷い時に子どもを帰らせる?
迎えに来る親は車ばかりじゃないのに。
点呼もしない、引き渡しも確認しない、
そんな学校あるかー

ぽにょの時も思ったけど、監督は常識を知らないのだろう。
誰か物言えるスタッフは居ないの?

そういう、本当だったら当たり前に進んでいく描写が、
いちいちカンに障ってしょうがない。
それを気にせずストーリーを追うのは難しい。
よほど鈍感なら別だけど。


お話自体は、ファンタジーなのだと思う。
ならば、映像もファンタジックにすればいいのに、
実写の背景が、リアル過ぎて、人物が浮いてる。

実写の映画にVFXで嵌め込むパターンの逆なのだけど、
確かに綺麗だし迫力もあるのだけど、
絵とマッチしてないから違和感しか感じない。

そして一番のツッコミ所!

花畑のシーンで、セイタカアワダチソウ!?

いやだー!
想像しただけで痒くなってくる


様々な障害を乗り越えつつ(笑)、最後まで観て、
結局、何が言いたいのか、わかりませんでした。

細かいツッコミは言い出したらキリがない。
まだまだあるよ。
本筋であの母親を受け入れられないのです。
女として、母として。いや、人として。
身勝手きわまりない、自己チュー女だ。

サマーウォーズは、もっと奥行きがあって、
考えさせられる作品だった。

それこそ、『絆』とか『繋がり』を感じたのだけど、
この作品は、無理矢理そこに持って行きたい感じなのかな?

無理があるなー


声優さんは、おおかみさんは大沢たかおだったのね。

あおいちゃんは…
あおいちゃんの顔が浮かんでしまうから、だめだ

雪の喋り方も、下手くそでイライラ
ちゃんと訓練を積んだ声優さんを使って下さいよ

文太さんは良かった


この日の客層は、大人のお一人様が多かった。
小学生くらいの女の子や、もっと小さい子は、
理解出来なかったみたいで、親やおばあちゃんが謝ってた(笑)
ごめんね、よく解らないよねーって、
オトナでも解らないんだから(笑)

映画館で観なくてもよかったけど、
ポイントが貯まっていたので、思い切って観てみました。

賛否両論、酷評は承知の上で、
怖いもの見たさ?(笑)


★☆☆☆☆



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する