スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21:『ロンゲスト・ヤード』

午前10時の映画祭
1974年の作品だそうです。

元アメフト選手・クルーは、刑務所に囚われ、
アメフト好きの刑務所長に、看守チームのコーチになるよう要請される。
断ったクルーは、過酷な重労働に就かされるが、
看守チームのヤラセ対戦相手として囚人チームを作ることになる。

看守チームをなんとか1勝させたい所長と、
反則スレスレの手段で看守どもを痛め付けたい囚人たち。

所長は駆け引きを持ち掛けるが、約束を守らず、
そうと知ったクルー達は、反撃し、見事逆転勝利を収める。

怒った所長はクルーを射殺しようとするが、
最後には秘書にさえ愛想を尽かされ、去られてしまう。

一癖も二癖もある囚人たちに、一からアメフトを教えたクルー。
見事なチームワークで勝利を収めた囚人チームは、
自分達を執拗に虐め続けてきた看守達に仕返しをしたかっただけw

シンプルなストーリーがテンポ良く進んでいき、
あっという間に引き込まれ、ラストシーンに。

面白かったです

主演のクルーは、バート・レイノルズ。
名前だけは知っていたけど、はじめましての方でした。

刑務所長は、エディ・アルバート。
どこかで観たことある方だな~と思ったら、
『ローマの休日』の、カメラマンでした。
それ以外にも観たことある気がする…

アメフトのルールをよく知っていたら、
もっと面白かったかなと思います。


★★★☆☆


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する