スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34:『人生、いろどり』

四国の過疎の村で始まった、葉っぱビジネス。
これ、実話です。
ドキュメンタリーも観て、知っていたので、
公開がとても楽しみだったのに、
上映館が少なくて、スケジュールを合わせるのが難しかった。

みかんの凶作で、代わりになる作物や、事業を模索していた山里の人々が、
料理に添えられるツマモノに着眼し、
山に生えている木の葉や草を商品として流通させるまでの紆余曲折。

最初は夫や家族に反対されていたお母ちゃん達が、
自分にも何か出来るんだ!と気づいて歩きだす。

過疎の村の問題、男尊女卑の風習もあり、
今まで夫に従って生きてきた女性たちが
自分の意見を言い、生き生きと働く姿に、
『はたらく』ことの素晴らしさを改めて感じさせられました。

歳をとったら、
何もせず、のんびりTVでも観てなさい!
なんて、言っちゃいけないし、言われたくもない。

歳を重ねて、出来なくなることも増えるけど、
やれること、やりたいことは何でもやるぞ!
という意気込みで、これからも生きていきますよ

主演が、吉行和子、富司純子、中尾ミエなのですが、
女優さんがいくら『田舎のおばちゃん』を装っても、
ホンモノの、田舎のおばちゃんにはなれないのだなと思いました。
重ねた年輪は、正直です。


★★★★☆


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する