スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38:『伏 鉄砲娘の捕物帳』

直木賞作家、桜庭一樹の小説「伏 贋作・里見八犬伝」が原作とか。

観てみれば、主役と絡む重要人物が、信乃ではないですか。
八人の中で一番好きなキャラですよ♪

それはさておき、一言で表せば、ごちゃごちゃ。

アニメーションは、綺麗だったり、同人誌のようだったり、
宮崎アニメのようであったり、デッサン狂いまくりだったり…

ストーリー展開もぐちゃぐちゃで、
ついて行けない、理解不能な部分も多々ある。
原作はどうなんだろう

声優陣は、寿美菜子/宮野真守/小西克幸/坂本真綾/水樹奈々/桂歌丸
と今をときめく面々。
歌丸さん…
その他に、卒倒しそうなくらい下手くそな人がいて、
あれはドシロウトに間違いないと思ったのだけど、
名前が判らない。
ネットで検索してみたら、
エンディング曲を歌ってるChara…?ああ、あまりに酷すぎて、名前を出して貰えなかったのか
台詞は数回しかなかったけど、雰囲気ぶち壊しでイライラしましたよ

そんなこんなで引き算をしたら、良い所が無くなってしまうのだけど、
『里見八犬伝』と、江戸時代の文化や庶民の暮らしを知っていると、
ちょっと面白いのではないかと思います。
そういう、ベースは、しっかり描かれていました。
もう少し練って、丁寧に作ったら、もっと面白かっただろうと思うと、
勿体ない気がしますよ。


★★☆☆☆



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する