スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hungarian Rhapsody: Queen Live In Budapest ’86

クイーンが、ブダペストで行ったコンサートの
ドキュメンタリーフィルム。

ハンガリアン・ラプソディ:ライブ・イン・ブダペスト’86

86年当時、共産圏ではタブーとされていた西側の音楽、
ロックミュージックのコンサートを初めて行ったクイーン。
奇しくもフレディの最後のコンサートになったそうです。

フレディのパワー溢れるステージは、ただただ感動です。
ブライアンとロジャーが、いまでもQUEEN絡みのお仕事をしているようです。
ジョンはもう引退してしまった模様で、最近の映像は出てなかったかな。

リアルで観られた世代の方は幸せだと思った。
ビートルズの時もそう思ったけど。
でもこうして映像で観ることができる今は幸せかな。

フレディのステージ衣装が、なぜかボロボロのTシャツだったりして
そういうことは無頓着だったのだろうか?と思ったり。
ロックの一時代を築いたグループとして、もっと知りたいと思いました。

ハンガリーだから、エーヤンだね。
エーヤン、クイーン!


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する