スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Birthday ナミちゃん☆

我等が航海士、ナミ嬢のお誕生日。
おめでと~

いつも最強で最高のオンナでいてくださいv





『西の魔女が死んだ』を観てきました。

遅くなりましたが、感想を。


原作を読んだのが、多分2年ぐらい前かな?
ってことで、いい具合に細かい部分を忘れていたので、
全体を通して、原作の雰囲気を損なうことなく出来上がっていると感じました。
これが、観る前にもう1回読んでおこう、なんて思っていたら、
原作と此処が違う、あそこが違うってなっちゃったと思うので、
私は読み返さずに行ってよかったなと思いました。

キャスティングは、可も無く不可も無く。
私の中のイメージとはちょっと違っていたけど、これは仕方ない。
ストーリーも、削ぎ落とされていた部分もあったけど、
大事な部分は充分伝わってきたと思います。
あれこれ盛り込みすぎて、結局中途半端に終わって、
不完全燃焼になってしまうことも多々あるけど、
この作品は、ほどよくシェイプされていて、大変満足です。

おばあちゃんの家も庭も、家に向かう小道さえも、
私のイメージとかなり近かったと思うし、
ハーブの庭や裏山の風景も同様。これは嬉しい。
金蓮花(ナスタチウム)が巨大だったのは、野生だからかなw

原作が好きなので、あまりイメージとかけ離れてたら嫌だな…と思って
ビクビクしていましたが、そんな懸念はおばあちゃんの家に着いた時点で
すっかり消えていました。よかった。
本当に丁寧に創られていると感じました。

シーツをラベンダーの花畑に干したくなったし、
ジャムを作りたくなったし、夜中にクッキーを焼きたくなったし、
キッシュが食べたくなった(笑)


そしておばあちゃんの言葉、一つ一つが優しくて、信念に満ちていて、
「アイ・ノウ」に籠められた大きな愛は、観終わった後にじわじわと効いて来ます。
知ってるお話なのに、改めて好きになりましたよ。

日々の暮らしの中で、マイナスのエネルギーを纏って疲れてしまうこともあるけど、
そんなのは損だよね。これも魔女修業。
気持を切り替えて頑張ろうっとv


追記:ゲンジさんが現れたとき、そのいでたちに椅子から落ちそうになりました。
決して、モエ~~ではありません!どっちかといえば、イヤ~ン!!
でも、リアルにあの人が存在したら、あんな感じなんだろうなと思う(ホントに嫌/笑)





コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する