スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実は小説より奇なり

人の噂ほど信用ならないものはない。
(と某ブログを読んで思った)

随分前のこと、私は既に独立していて、両親が離婚しました。
その後父は再婚。妹も一人暮らしをしていました。
あるとき、父が引越すとのことだったので、当時ワンルームに住んでいた妹が
その空いたマンションに引越すことになりました。

当然親子だから、父もたまに訪ねてくる。
ところが、近所の人の様子がなんだかおかしい。
ヒソヒソ話はまだしも、妹は面と向かって「愛人さん」と呼ばれたとか。
つまり、父が、自分のマンションに若い愛人を囲っていると…

大爆笑モノです。

玄関のドアに、戸籍謄本でも貼っとくかーとか言ってたけど、
なんだかバカらしくて(笑)
だって弁解も説明も、する義理ないもんね~
ま、姓は違うけど、母方の姓だから仕方ない。

近所の人は面白可笑しく言ってたんだろうなぁ。
酷いこと、あることないこと、散々言ってたんだろうなぁ。
しかし、陰で言うならまだしも、面と向かって「愛人さん」なんて言う?
ホント、馬鹿みたい。
でも、残念ながら、違うよ?
誰が言い出したのか知らないけど、コッチは痛くも痒くもないから
堂々としてた。
逆に、そいつらが可哀相になってきたし。

人の口に戸は立てられないと言うけれど、
そういう人間にはなりたくないなと思いました。

古い話を思い出しちゃったw
でも、ホントに元気になられてよかったです。
引き続き、お大事に




夕方、友人からの電話があり、お仕事のオファーでした。
まだ詳細未定だけど、実現したら、四国初上陸かも…
きゃ~v 饂飩~





 見えないモノを信じる強さ
 見えるモノを疑うその弱さ
 太陽がさらうその前に

 "BEAUTIFUL DREAMER" by TAKURO

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する