スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D・M・C

『デトロイト・メタル・シティ』を観てきました。

期待したほどではないけど、まあまあ面白かったかな。
って言うほど期待もしてなかったけど。

まあまあって言うのは、笑いのレベルが中級って意味で。
大爆笑はない。
くすくすw ぷっw って感じ。
クラちゃんと根岸君のギャップは、想定内に留まってるし、
全体的には、ゆる~い感じ。
ただ、随所に笑いの小技が効いているので、
そのゆるさも心地イイかもって思っちゃう。
お茶の間向きかな。

女性陣(宮崎美子、加藤ローサ、松雪泰子)が、それぞれ凄く良かった。
そして、ジーン・シモンズ!!!
流石、ホンモノ!
あの存在感、オーラは必見。
オンナノコたちと、ジャックが見れただけで満足。

ライヴシーンは、臨場感があってよかった。
ライヴ行きたいな~って思った。
ジャックの牛をべ~べ~するクラちゃんも可愛かった。

それと…
一番最初の、旅立ちのシーン。
桜も菜の花も、ホンモノでよかった。本当に。
フェイクはうんざりですから。


松山ケンイチ君はお初でした。
あのキモさがいいのね(笑)←褒めてます。


公式サイトが激重なので、なかなか開かず、イライラ…
だけど、あの入口の根岸君が、ツボw



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する