スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『宿命』

GLAYさんが主題歌を歌っているという理由だけで、
観に行きました。愛だねぇ(自分で言うw)
そして、そんな理由が無ければ、絶対観ないジャンルでもあり、
内容も同じく。好きじゃないです。

『紅と黒のMATADORA』は、冒頭部分と、後半のシーン、
2回流れます。かっこいいです。
内容は別として、シーンのスピード感にぴったりマッチしてる。
よくある"主題歌"って、映画が終わった後、タイトルロールの時に
何の脈絡も無く流れるだけ、ってことが多い気がするので、
こういう使い方されるのは珍しいし、嬉しかった。

ただ、主題歌と言うなら、タイトルロールの時に流れた、
JONTEさんの『Dear...』の方がイメージにピッタリでした。

内容は、ヤクザの世界の、男の友情…なのかな。
友情というのか、裏切り、恨み、復讐、復讐…
コワイ、コワイ…;;
韓国のイケメン俳優、ソン・スンホンとクォン・サンウが
夢の共演?とか。どっちもよく知らないので、???でしたが。
ていうか、どっちがどっち?(おーい)




コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する