スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばにゃにゃ食べ放題

・『まぼろしの耶馬台国』

小百合さんの語り口がとても綺麗で、心地良く観られました。
内容的には、古代文明スキーな私にはちょっと物足りない感じ。
宮康平・和子ご夫妻の生涯を描いた作品だから、
それは半分なのかなぁ…
もうちょっと古代のロマンを感じたかった。
でも魏志倭人伝を読み解き、邪馬台国の場所を推理して行くのは
楽しいだろうな。
地図の上に記されていくポイントが増えていくのは、ワクワクしました。

それから、風景が綺麗でした。
季節、季節がきちんと感じられ、干潟の景色なんか
息を呑むほどに美しく。
誠実に創られてる作品だと感じました。

因みに『ホームレス中学生』は季節感がまったく無かったもんな。
あれ、絶対真夏じゃないでしょう<撮影
セミ鳴かせたら夏だと思ったら大間違い。
『ポストマン』も同様。
ああいう誤魔化しはファンをバカにしてると思う。


閑話休題

破天荒に生きた康平と、それを支えた和子、二人の子どもたち、
島原鉄道の関係者、それぞれが本音で生きてる。
これは今の時代にはあまり無いことかな。
なんとなく目を逸らして生きてることが多い気がする。
自分を信じて生きていくって、やっぱり難しい。
その後はどうなったんだろう。

子ども達がまっすぐ育ったのも、島原鉄道の社員が慕っていたのも、
それだけ魅力のある人だったのだろうと思います。

いつかは「邪馬台国」の場所が明らかになるのかな。
楽しみデス。
因みに、私は九州説支持なんだけどね(^^)

康平が、時々(時々?)ミルヒー・ホルスタインに見えたのはナイショw




・アメリカ大統領
この瞬間、この世に生きてて見届けられたことが喜びです。
初の黒人大統領、おめでとうございます。

"Yes, we can"

力強いですね。

アメリカはこれから、どう変わっていくのだろう。
まずは戦争をやめてください。




・日本シリーズ第4戦
おかわり君の2ランx2で勝利。
岸投手の完封も見事でしたv
グライシンガーの自滅で、ちょっと胸がすっきりしましたよ♪
乱闘はいけないけど、鬱憤は貯まるよね。
死球に関しては、前日の原監督のコメントにムカっ腹が立ちました

第3戦の誤審に関しては、審判団が誤審だと認めたそうで、
今後、より正確なジャッジを心がけて欲しいと、切に思いました。
絶対言うわけないけど、本当は巨人のキャッチャーが自己申告すればいいのよね。
ミットに当たったかどうか、一番良く判ってるのはキャッチャー自身なんだから。
絶対言わないだろうけど。スポーツマンシップは何処へ?



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する