スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラ・カージュ・オ・フォール』

12:30~@シアタードラマシティ
1階 14列 14番

ジョルジュ:鹿賀丈史
ザザ(アルバン):市村正親
ジャン・ミシェル:山崎育三郎
ジャクリーヌ香寿たつき
ダンドン議員:今井清隆
ダンドン夫人:森公美子
アンヌ:島谷ひとみ
ルノー:林アキラ


念願の、ラ・カージュです!
この作品、85年からやってるのね…
初演のジョルジュが岡田真澄さんだってのは知ってたけど、
ザザはどなただったんだろう?<近藤正臣さんでした!

市村さん&鹿賀さんでの再演は9年ぶりとか。
待っていたのよ、ホントに!
なのに「さよなら、ザザ」…
これっきり市村さんのザザは観れないのでしょうか。
私にとって、最初で最後の市村ザザでした。

まずダンサーが現れ、期待を裏切らない濃さだった時の喜び(笑)
そもそもダンサーな方は殆ど居ないんじゃないかな?
でもすごい迫力で、踊りとしては全然上手くないけど、
とにかくめっちゃカッコよかった。
楽しいショーの幕開け。
何故か涙が出ました。笑うトコなのに。
フレンチカンカンも圧巻でした。ここでも泣けた。

当たり前だけど、殆どが初めて聴く曲ばかりで、
実は"I AM WHAT I AM"が楽しみだったのだけど、
どの曲も印象深く、心にじ~んと来る曲ばかり。
CD買おうっと♪(未発売)
そして"I AM WHAT I AM"では、やっぱり泣けた。
あの歌は、ああいうシーンだったんだね。
今、思い出してもじわっときます。

とにかく、笑って、泣いて、笑って、泣いて…
涙も乾かないうちに、すぐ次のシーンで大笑いして、
実に忙しい作品でした。

20キロのスパンコール、重いだろうなぁ…
市村さん、ちょっと足が浮腫んでいたのが気になります。

始まって10分経たないうちに、リピートしたい!と思った。
けど、今日は帰って獣医さんに行かなきゃならない。
そして明日が千秋楽…
当日券の問い合わせの出来る時間には帰れず、
夜中にオケピと睨めっこ。
無いよなぁ…大千秋楽だもん。
ヤフオクでは倍の値段で出ていましたが。

今回、楽しみだったのは、久しぶりにアキラさんのお姿が観れたこと。
レミゼの司教様降板後は、多分タナボタで観た以来じゃないかしら…
それとも『ジキルとハイド』が最後かな。
あまり歌うシーンは多くなかったけど、相変らず綺麗なお声でした。
もう一度司教様に戻ってくれないかなぁ…

山崎育三郎君は、初めて観たけど、可愛いし、わりと歌が上手い。
3/5のレミゼ@中日ではマリウスさん。期待してます。
アンジョかな?マリウスかな?と言ってたけど、やっぱりマリウスでした。
タイプ的にはマリウスだよ、やっぱり(私信/笑)
あ、4月も山崎君だよ~(私信2)

今井さん、渋いパパなのに、最後には女装で、派手派手メイクでw
ぶっ壊れちゃったのも可愛かったです。
市村さんとの絡みで、モリクミちゃんの笑いが止まらず(しかも2回も/笑)
みんな大笑い(舞台的にはダメだけど、お客としても美味しかったw)
通路を走り抜けていくダンドン一家、間近に観れましたv

開演が10分弱押して、カーテンコールが何度もあって、
終演予定は15:40だったのだけど、15分以上遅れたと思います。
ホールを出たのが16時過ぎてしまったので、タクシーに飛び乗り新大阪へ。
1時間ほどお茶をして、19時には帰宅。
それから動物病院へダッシュ!
1週間ぶりの診察で、体重は124g⇒130g
やった!増えた~!
そして自分で勝手に抜糸してました(笑)
ハムにはよくあることだと獣医さんには言われていたけど、
本当にやってくれるとはw
手術の痕は綺麗なので問題ナシです。
たくさん食べて、このまま体重が増えてくれるといいなぁ…




「ありのままの私」("I AM WHAT I AM") by市村正親は
こちらで観られます。リンク貼っときます。

衣装も化粧もしてないけど、私はザザに脳内変換♪
退場シーンが可愛いですv

"I AM WHAT I AM" 私は私。
聴いて元気になれたらいいなv




コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する