スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9:『旭山動物園物語』

『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』

やっと観れた~;
ストーリー自体は想定範囲内だったけど、
動物スキーとしては、やっぱ観ておきたかったので。
旭山動物園の再建と、動物との関わり方がテーマ。
役者さんがいい。
若い、なんちゃって俳優が居なくて、大ベテランばかりの、
地味~な(笑)画面でしたが、見応えは充分。
勿論若い子も出てたけど、それぞれ好感が持てる存在だと思う。
マキノ雅彦監督も最後にチラリv

最初の虫がうじゃうじゃ出て来るシーンは、勘弁願いたかったけど、
まあ、目を逸らしてやりすごせばいいことで…

動物達の名演技も迫力があったし、チンパンジー夫婦の愛とか、
ゴリラのマリが死んでしまった理由とか、感動シーンがいくつもありました。

でもやっぱり、最後の、園長が引退して動物園を去る時に、
"おたまじゃくしはカエルの子~"が、
"Glory Grory Halleluja "に替わり、動物達が咆吼しはじめて、
園長を送るシーン。
大泣き。こんな奇跡があるのか?と思うけど、あるのかも。

『夢はいつか必ず叶う』

実際の園長さんは、今年引退とか。
お疲れさまです。

毎年『旭山動物園』のカレンダーを買っているのだけど、
帰宅して眺めていました。
いつか行きたいな、旭山動物園


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する