スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29:『カムイ外伝』

ちょっと順番狂って(笑)繰り上がりました。
今朝、母のアッシータイムがいつも通りなら、午前中に他のを観る予定だったけど、
まさかの11時迎え(通常は9時)になったから

それに振込みもあってバタバタしてたから、今日は映画は諦めてたんだけど、
夕方から雨が降り出して、侍女のバイトのアッシーをするはめに…orz

じゃ、出てきたついでに映画鑑賞ってことで


まずダメ出し(偉そう)
松ケン、身体が貧弱すぎ。
噂の(どこで/笑)お尻は、可愛かったけど、偏平
きゅっと締まってると、なおよろし
忍者なんだから、もう少し全体的に、特に下半身は筋肉がついてなきゃ。
松ケンだけじゃなく、漁師の村のみなさんも、みんななまっちろい身体でした。
見せるなら、それなりの身体を作れ。

お尻が素敵だったのは小林薫さん
それと、お尻じゃないけど、渡の男で宴会の時に踊ってた人、
彼の身体が綺麗だった


それから、気持ちいいくらいに開き直った、わざとらしいCG。
あんな荒波で、でも風を感じない海なんか初めて見た。
しかーも、いきなりリゾートな海!
あれじゃ沖縄じゃないか
あのバカ殿は確か四国だよね?
そこから小舟でドンブラコして、いきなり南国ムード溢れるリゾートな海…

あの鮫も鹿も素敵にわざとらしk…
渡衆の船はなんだか縮尺が変だし。

シリアスな内容と、あまりにお粗末なCGのギャップが…


バカ殿も、最初の登場の時に、妖気にみちた…あふれる?纏った?だったっけ?
そんなことナレーションが言ってたけど、妖気は全然感じなかった。
いつ出すんだろう?と思っているうちに、ただのバカ殿で終わっちゃった
佐藤浩市さんと知ったのは、エンドロールでした。
お見事!


映画で表現しきれないことをナレーションで補足説明するのは、
禁じ手だと思う。恥ずかしいぞ、監督!
最初の方の、カムイの生い立ちを語る部分。
ああいうのは仕方ないとして。
同じく、原作絵を使うのも、監督の力量不足と感じてしまうな。
そんなものに頼らず、オリジナルの映像で表現してほしかった。

最初のアクションシーンは忍びっぽかったけど、
後半はあまり忍びの技みたいなものがなかった?
ワイヤーは見えなかったよ(笑)
どうせCGを使いまくるなら、もっと忍者の技を見せて欲しかった。

ハリツケになった半兵衛を助けに行くシーンはかっこよかったです。
小銭をばらまいて人の群を動かしたところはお見事でした。

そして忍びの宴会芸はマジック…
あれは何だったの?
ちょっとは捻ろうよ
見ているのが恥ずかしくなるよ


続編があるとかないとか、舞台挨拶で言うって、卑怯だな。
続きがあるなら、あるような終わり方にしていただきたい。
結論が無いなら、無いなりの終わり方があると思う。
欲求不満というより、肩透かしを喰らった感じ。

あれじゃ尻切れだ。


原作を知らないんだけど、カムイはどうなるんだろう?
それは気になる!

いつの時代も弱い者が踏みにじられ、終わりのない闇から抜け出せないでいる。
カムイがどう生きても、正しいとか間違っているとか言う資格は、誰にもないと思う。
生きることが辛くても、彼は生きる。
我々は、そこに何を学ぶか。
原作は読まないとは思うけど、ググッてみるかなー


松ケンの演技はクラウザー様以来かなぁ。
他の役柄は知らないから、どれが彼らしいのかよく判らないけど、
チューボーの彼が素なのだとしたら、カムイはわりと自然体?
あの役柄だから笑顔はほとんど無いけど、笑った顔は可愛い。
ファンには堪らんだろう、うんうん(*^m^*)
私は、あの尖んがった唇が可愛いと思います

伊藤英明と対峙した時の、大きさ(オーラとかね)の違いが、今はあれでいいと思った。
もっともっと大きくなって、あのオーラを跳ね飛ばせ~!

ああ、不動はかっこよかった
悪者じゃなかったら、もっといい(笑)
シャンクスみたいに(夢見すぎ)


今日はヤマトの予告を観ましたよ。
作画も声もオリジナルとは掛け離れたものみたいだけど、
あの曲が流れると、やっぱりワクワクする((o(^-^)o))


コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Mさま

コメントありがとうm(__)m

もしや、松ケンファン?
最近、テレビにもよく出てるね(*^-^*)

クラウザー様といえば、
DMCの第8巻で、ジャギ様が2回もGLAYを熱唱してるとか。
曲は「HOWEVER」と「口唇」だそうです。

買っちゃおうかな~(笑)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する