スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『2012』

人類滅亡の危機に直面し、現代版『ノアの方舟』を造り、生き残る人と生き残れない人を選別する。
選ばれた人でも、敢えて方舟に乗らない選択をする人もいる。

終末を覚悟した時、自分ならどうするか。
どう生きるか。

というようなことを訴えたかったのかな?

この手の(地球最後の日みたいな)映画は、観る前から結末も想像できる。
だから、その過程をどう見せるか、心理状態の移り変わりをどう描写するか等が見所だと思うのだが…

映像はド派手だけど、心に響くものがない。
ネズミーランドなんかのアトラクションみたい。
しかも無駄に長くて眠くなってしまったし

主人公のジョン・キューザックが、ちょっと某zちゃんに似てて嬉しかった。

今年最後の映画がこれではなぁ…


フィギュア全日本選手権、男子SPを観ました。
高橋はさらに良くなってるし、小塚は新しいプログラムに挑戦。
粗削りだけどかっこいいです。
織田も攻めの姿勢。綺麗な滑りでした。
これで演技力がつけば、もっと良くなると思うんだけどな。
この3人が1~3位で、断トツです。当たり前だけど(笑)
フリーが楽しみ。


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する