スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き。

映画『THIS IS IT』には収録されていなかった、幻のライヴのエンディングを特典映像で見たんだけど、涙が止まりませんでした。
あのライヴが、1回でも実現していたら、それを目撃したファンもスタッフも本当に幸せだったと思う。

残念ながら、それは叶わなかったけど、マイケルの思いは、世界中のファンに伝わったと信じたい。

まだ観てない方は、是非観て下さい。
レンタルはいつからかな…

ということで(はい?笑)TSUTAYAにて予約してあったGLAYのDVD(1/27発売)を引き取りに行ってきました。
今夜は見れないけど、近々侍女と鑑賞会です


先日のジュリーを観て思いました。
彼がMCなしでひたすら歌う姿を観て、ぐだぐだなMCは要らないなぁと。
確かに普段触れることの出来ないアーティストの生の姿とか、トークは聞きたい思いもあるけど、内容による。

いろいろ考えさせられたライヴでした。

マイケルの、ステージや作品作りの姿勢もね。
まさに彼は本物のスターで、キングだ。
ひいき目かもしれないけど、GLAYの目指す方向はマイケル寄りだと感じています。
これからが楽しみです♪


WJ。
ワンピ、表紙がビビちゃん

今日もエースにドキドキ
白ひげの漢気に、もう何も言えねェ~



さて、夕方から発熱です。
侍女の風邪がうつったかしら

早々に殻に潜りました。

おやすみなさい。


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する