スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア 男子シングル

SPが終わって

1:プルシェンコ
2:ライサチェク
3:高橋
4:織田
5:ランビエール
6:ウィアー
7:チャン
8:小塚
9:ブレジナ
15:アボット
18:ジュベール
19:ベルネル


予想通りの混戦というべきか、予想外のアクシデントでメダル候補が思わぬ下位に…
オリンピックの舞台には何が潜んでいるのだろう。

3年ぶり復帰のプルシェンコ、王者の風格で威風堂々と滑っていました。
4回転を含め、ジャンプは完璧。
ただ全体的に粗い。
技の羅列って感じ(織田もそうだけど)
構成・振付は、はっきり言って『古い』と感じた。
しかしオーラは凄い。
あの勢いでメダルを奪い取るかも?

ライサチェクの真っ黒な火の鳥、GPシリーズで見た時よりも更に進化し、完璧に自分の物にしている。
あの長身、長すぎる手足を見事に使いこなし、ど迫力の演技でした。
カッコ良すぎる!

高橋も完璧な演技でした。
彼はどんどんいい顔になってきてる。
数年前、セクシー大輔とか言われていた時の滑りがどれだけ拙かったか。
今の彼なら、セクシー大輔でいいよ

織田、ジャンプは綺麗。
滑りも綺麗に纏まってる。
でものっぺり。感動は無い。彼も技を並べてるだけ。
あれでランビエールの上ってのが許せないけど、やはりジャンプの差。
織田は(安藤も)コーチを変えるべき。
モロゾフの下では、人に感動を与える演技は学べないよ。

ランビエール
スピンは定評があるとは言え、昨日の最後のスピンには感動した!
スピンに感動って何?と思うけど、スピンにすら芸術性を感じる。
男前も更に上がってるし
表現力はランビエールが最高じゃないかしら

小塚はあの位置ぐらいかなぁ。
できればもう一つでも二つでも順位を上げて欲しいけど、周りが凄すぎる。
今の彼には太刀打ち出来ないと思うので、同じリンクで競い合える幸せを感じられたらいいんじゃないかな。
最後の音が切れて(音響のミス)しまったのは可哀相だったなぁ。

そして、ジュベールやアボット、ーニョジ(ウィアー/笑)。
気持ちを切り替えて、フリーでは攻めて行って下さい。


今回のオリンピックでは、ペアもだけど、アクロバティックな技だけじゃない何かを織り込んで、点数貰っていました。

このところジャンプだけが評価されがちだったから、これはいい傾向だと思う。

ただ、目にはっきり見えない(数字では表せない)芸術性を、どう数字にするのかは、やっぱり個人の感性。
難しいよね。

だからこそ、芸術性でランビエールや高橋がきっちり評価されてるのは嬉しいなぁ

ライサチェクのみならず、ランビエール、高橋も、しっかり(自分自身が)曲になってる。
ショートでこれだけの演技を見せつけられて、フリーになったらどんなだろうって思う。


明後日はみんなの最高の演技と最高の笑顔を見たいです。
1~3位は0.6差で、差は無いと言っていい。
後は当日、フリーの出来次第。
もう、運命の女神が誰に微笑むか、それだけ。

というか、結果はどうでもいいよ。
みんな金でいいじゃん


因みに、芸術点=5コンポーネンツとは、
技術、つなぎ、実行力、振り付け、曲の解釈。
なんとか数値化、公平化しようと努力してるのが見える。
でも最後は、個人の感性だからなぁ。
どうか公正なジャッジでありますように。



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する