スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18:『ハートロッカー』

第82回アカデミー賞、最多6部門受賞作品。

原題:The Hurt Lockerとはどういう意味だろう?と考えていたら、『アメリカ軍の隠語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味する』だそうです。
直訳すると、Hurt(痛み、苦痛)にLock(鍵をかける)する人だから、なるほどなぁと。
へんな邦題がつかなくてよかった。

イラクを舞台としたアメリカ軍爆弾処理班を描いたストーリー。
撮影はヨルダンで行われたとか。
言わずもがな、現地(イラク)はもっと荒廃してるのだろうな。

戦争の悲惨さというより、その最前線にいる『人』の極限状態を描いています。

かつてベトナム戦争から帰還した米兵の多くが精神を病んだと言われていますが、いつの、どの戦争でも同じじゃないだろうか。
安全なエリアから命令するだけの人には解らないでしょう。

その、ほんの断片だけを描いているわけだけど、観終わって、物凄い疲労感が襲ってきました。
もう嫌だ。

今も世界のどこかで紛争が続き、たくさんの罪もない市井の人たちが命を落としたり、辛い思いをしている。
平和な日本には関係ないことなのか、無関心でいいのか、何か出来ることはないのか…

見上げた空に凧が飛んでいるシーンがありました。
日本ならばのどかな風景だけど、私は『カイトランナー』を思い出しました。
平和な日はまだ来ない。

No More War!!!!!


★★★★★(4.5)

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する