スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31:『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』

ダスタン王子:ジェイク・ギレンホール
タミーナ王女:ジェマ・アータートン
ニザム:ベン・キングズレー
シーク・アマール:アルフレッド・モリナ
ガーシヴ王子:トビー・ケベル
タス王子:リチャード・コイル


古代ペルシャの巨大帝国の王様が、
スラムに住む孤児ダスタンの、勇敢な振る舞いを見て
養子に迎え、わが子と一緒に王子として育てる。
3人の兄弟、王の弟など、王位継承絡みの策略の中で、
アラムートに侵攻し、タミーナ姫と謎の短剣を奪い合う。

国王殺しの汚名を着せられ、一度は逃げるダスタンだったが
陰謀の真相を追求し、悪に立ち向かう。

面白い!
この手のアクション映画の中では、かなりパンチの効いた、
しっかりと見応えがある作品でした。
やりとりの中に、時々こじゃれたジョークが混じり、
全体的にも小気味いいテンポで進みました。

アクションシーンも、VFXも、不自然さがなく、
明らかに加工されていると判っていてもいやみがない。
手抜き映画の製作者さま、見習ってくださいな?

シーンの多くが、ペルシャの街なのだけど、
『クラッシュ・バンディクー』と重なってしまって変に感心してしまった。
いや、『クラッシュ・バンディクー』ってよく出来てたなぁとw
あ、万里の長城を見ても、同じくそれを思い出します。

ダスタン王子のジェイク・ギレンホールは、最初は私の好みではないと
思ったのだけど、なかなかイイオトコでした。
下がった目じりと、綺麗な瞳。
セクシィねv

タミーナ王女のジェマ・アータートンは、
『タイタンの戦い』でイーオーを演じたお嬢さん。
こっちの方が断然いい!
とても可愛かったです。


★★★★☆



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する