スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34:『バウンティ・ハンター』

病院でした。
検査結果を聞くだけなのに、1時間半以上待たされました;
1時間は覚悟してるけど(それもどうなの)、
それ以上はなぁ…
一緒に待っていた親娘の娘さんの方が、1時間を過ぎるあたりから
10分毎にお母さんに文句言ってました。
お母さんに言ってもね;

確かに、予約の意味ないじゃん!と言いたいのは解る。
同感だよ。
大学病院だから待たされて当たり前って感じになってるのも事実だけど、
でも先生も遊んでるわけじゃないし。

私は今、どこも不調な所がないからいいけども、
殆どの人が病気の状態で来てる訳で(当たり前)
1年前の自分を思い出して、心中察するわけです。

あ、検査結果は問題なしです。
次は3ヶ月後。


早く終わったら帰りに映画を観ようと思っていたので、
時間ぎりぎりになってしまったけど、行って来ました。
市内では、上映しているシアターが無くて、
MOVIXまで高速使って行かないと観れないという…;


『バウンティ・ハンター』
元妻二コール(ジェニファー・アニストン)と、彼女を追う
バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)マイロ(ジェラルド・バトラー)の
ホントにおバカな、どたばたアクション。
内容は無いよう。
ジェリーのセクシィバディだけが観どころ。
二コールのママが、マンマでターニャを演じたクリスティーン・バランスキーでした。
ターニャより実年齢に近い役どころだったので、違和感なく。
違和感と言うより、ド迫力でした。
好きだ、この人v


★★★☆☆(3つ目の★は、ジェリーの筋肉へv)

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する