スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

47:『太王四神記』

『太王四神記 新編集版 第1章:千年の愛』を観てきました。

ヨン様です
テレビで放送されたものを編集して、字幕で上映されていました。
(テレビでは吹き替えでした

TVで放送されていた当時、ほとんど欠かさず観ていたつもりだったけど、
忘れてる部分もかなりあるなぁと感じました

第1章は、神代の昔、何が起こり、白虎、青龍、玄武、朱雀が封印されたか。
2000年の後、チュシンの王となる子が生まれ、
同時に、封印されていた神器も眠りから覚め、
それを奪おうと人々が争い、再び乱世になる。
タムドク、ヨン・ホゲ、キハ、スジニの運命的な出会いと、
それぞれの思いとは裏腹に、
抗いきれない力によって翻弄されていく。
まさに物語のプロローグ的な部分でした。

TV版より、恋愛模様が強く押し出されている気がします。
宝塚バージョン程ではないけど。

CGをふんだんに使っているので、大画面で観るとかなりの迫力です。
そして、風景は実写なので、とても綺麗で臨場感がある。
最近流行りの手抜き作品とは違うなー

4部構成で、一週間ずつ上映なので、毎週通います


★★★★☆




そういえば、22日に、NHK教育で『愛と青春の宝塚』をやるみたい
わたる君



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する