スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50:『桜田門外ノ変』

実行部隊の指揮官だった関鉄之介を主人公に、幕末の歴史に大きな影響を与えた井伊直弼暗殺事件「桜田門外ノ変」に迫る本格時代劇。
(Yahoo!映画より)


う~~~~ん…

豪華キャストだし、題材も興味深かったのだけど、
なんだか小学生の作文のような…
朝起きて、顔を洗って、朝ごはんを食べて、学校に行って、
帰ってゲームをして、晩ごはんを食べてお風呂に入って寝ました、みたいな作品でした。

セットもVFXもちゃちで、見ている方が恥ずかしい。
作った人は恥ずかしくないんだろうか

井伊直弼を襲撃するシーンが、かなり最初の方で終わってしまったのは驚きでしたが、
動機づけとか、心理描写とか、もう少し掘り下げて見せてほしかったな。

大沢たかおが好きだという理由以外にも、日本の夜明けへ向かう、時代の息吹が感じられるのではないかと期待していたのに、
凄く残念な出来でした。

しかし、子ども店長と、温水さんは印象的な演技でしたよ。

最初と最後に、今の桜田門と、国会議事堂が映ります。
意味のない映像だなぁ…
久しぶりに、退屈で寝そうになった作品でした。


★★☆☆☆


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する