スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『昼下がりの情事』

午前十時の映画祭。
連続でヘップバーンです。
凄いタイトルなんだけど、どんな内容?と思って観てみた。

原題は、Love in the Afternoon
もうちょっとお洒落な邦題を付ければいいのにと思ったけど、
まあ、タイトルどおりの内容でした。

『ローマの休日』と比較にならないくらい、
詰まらない映画でした。がっかり。
これが名作なら、私の目は節穴なのかな(汗)
珍しく、途中で帰りたくなった。お腹痛かったし。
結局最後まで観ましたが、率直な感想としては、
この作品、最初10分と最後の5分だけあればいいじゃん、と。

フランク・フラナガン:ゲーリー・クーパー
アリアーヌ・シャバッス:オードリー・ヘプバーン
クロード・シャバッス:モーリス・シュヴァリエ

アリナーヌのパパが素敵v
この人の存在で救われたかなぁ。



★★☆☆☆

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する