スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界フィギュアスケート選手権

当初、3月に東京で開催する予定でしたが、
東北地方太平洋沖地震の影響により
モスクワでの代替開催となりました。

1ヶ月も延期になったこと、
また開催地がホームからアウェイに変わったことで
選手それぞれに調整が大変だったことと思います。
日本の選手は特に。

先に行われた男子シングルは
1:P・チャン(CAN)
2:小塚崇彦(JPN)
3:ガチンスキー(RUS)

高橋のアクシデントは痛かった。
いつぞやの靴紐ブッチン@織田は最悪だったけど、
こんなこともあるんだなぁ;

織田に至っては、最悪のミスを…
同じ間違いを何度も犯すのは精神力の弱さだろうか。

全ての選手に言いたいことは、
いつまでも其処にママが居ちゃダメだ!
親がべったりの選手は脆さが露呈される。
裏では支えてくれる大切な存在であってほしいけど、
表に出てきては、いつまで経っても自立できない。

幸か不幸か、この二人が自滅したことが、
小塚が表彰台に上がれた理由の一つでもある。
いくら彼がノーミスだったからとは言え、
それは言葉通り「ミスをしなかった」というだけで、
まだまだ足りない部分がたくさんあって、
残念ながらチャンとはレベルが違いすぎる。

だけど、私は小塚の滑りが好きなんだなー。
もう一歩、先に進むには何が必要なのか、
来シーズンに向けて考えてくれるといいと思います。

4:ブレジナ(CZE)
5:高橋
6:織田
7:アモディオ(FRA)
8:ジュベール(FRA)

ジュベールはメダルを取りに行くのは諦めていたのか
いつもの丁寧な滑りでは無かったものの、
普段は見られない、よく言えば、ふっきれたような、
悪く言えばヤケクソのような滑りだった。
だけど、のびのびと楽しそうで、来シーズンはまた違った姿を
見せてくれるような気がします。

アモディオの滑りは好きじゃないけど、
このフリーはそれ以前の問題だった気がする。
まず、気持ちが入っていない。滑りも雑。
そして、ボーカル入りの曲を使ってきたことで、
試合を放棄していたとしか思えない。
あのモロゾフが、何を考えていたのかは不明。

若手もどんどん育ってくる来シーズン、
ますます混戦の男子シングルになりそうです。
楽しみ~♪





コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する